地域情報

渡良小が3部門で優秀賞。県学校保健・安全・給食表彰。

県は3日、本年度の学校保健、学校安全、学校給食の推進学校等表彰(県教委表彰)の受賞校を発表。渡良小学校(三根圭子校長、79人)が3部門全てで優秀賞を受賞した。同校は2月13日付けで公益財団法人日本学校保健会から本年度全国健康づくり推進学校優良校の表彰も受けている。

同校は学校保健(安全)委員会を通して、睡眠時間の確保の視点から児童の心身の健康づくりに取り組んでいる。歯科医、医師、薬剤師の学校3師の積極的な関わりのもと、保護者からの提案で睡眠時間の確保、朝食摂取100%、メディア時間の制限の努力目標を意識した日課表を作成。生活習慣の改善に取り組んでいる。

また、老人会や婦人会などと見守りや挨拶運動のネットワークを確立し、災害時の児童の引き渡し訓練を実践。食を通してやる気・元気・根気を育てる指導にも注力し、廊下の掲示板にクイズ形式で給食の知識を表示するなど児童の関心を惹きつける工夫をしている。

三根校長は「学校、家庭、地域のトライアングルの行き着くところは、子どもたちの輝く笑顔のために、である。チーム渡良がさらに強固になると信じて意欲的に取り組んでいきたい」と話した。

そのほかの受賞校は次の通り。
▼学校保健の部▽優秀校 石田小▽優良校 那賀小▼学校安全の部▽優良校 田河小、那賀小

関連記事

  1. 地域おこし協力隊に吉野麻耶さん 移住・定住促進に取り組む
  2. 春の叙勲を受章 瀬戸口和幸さん、髙田國行さん
  3. そのぎ茶を堪能。春満載ランチ開催。
  4. カンボジアでの経験活かす。地域おこし協力隊員・石原さん。
  5. 長岡秀星さん最古の作品発見 高校同級生・篠崎さんが寄贈 7日まで…
  6. ドイツ人が壱岐体験。日独スポーツ少年団同時交流事業。
  7. 「30歳の成人式in壱岐の島」 8月15日・筒城浜
  8. 今季は特等米も 日本酒仕込み開始 新酒は10月下旬に 重家酒造

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP