© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

202010/5

初のパブリックビューイング。V長崎がホームタウン活動。

V・ファーレン長崎ホームタウン推進課は9月23日、芦辺・イオン壱岐店横芝生広場で「パブリックビューイング&ホームタウン活動in壱岐」を開き、壱岐少年サッカークラブの選手ら約200人が参加した。

午後4時半から元長崎MFで昨年2月に現役引退、同チームの普及インストラクターに就任した前田悠佑さん(35)が低学年(幼児~3年生)、高学年(4~6年生)の2クラスに分けてサッカークリニックを開講。ボールを使ったゲームを取り入れながら、サッカーの楽しさを子どもたちに教えた。

午後6時からは長崎のマスコットキャラクター・ヴィヴィくんと、壱岐市のキャラクター・人面石くんがPK対決。さすがにボール扱いに慣れているヴィヴィくんが圧勝したが、人面石くんがキックの瞬間にバランスを崩してスローモーションで倒れるシーンに、子どもたちは爆笑した。

午後7時からはアウェーで開催されているV・ファーレン長崎対FC町田ゼルビア戦の実況生中継を、大型スクリーンに映し出して本市で初の屋外パブリックビューイングを開催。映像機器のトラブルで前半一部の中継ができなかったが、熱心に残ったサポーターが応援を続けた。試合は1‐1のドローで長崎はJ2・3位を死守した。

翌24日も前田インストラクターが瀬戸小学校5年生の教室で「夢授業」を行うなど、チームと市民を結びつけるホームタウン活動を行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202011/30

JF発着所、旧フェリー岸壁へ。地方港湾審議会が可決。

第51回県地方港湾審議会が19日、長崎市で開かれ、郷ノ浦港港湾計画の変更に関する議案を原案通り可決した。計画の変更はジェットフォイルの着岸場…

202011/30

14年ぶり全国総文出場へ。壱岐商業壱州荒海太鼓部。しおかぜ総合文化祭 金賞獲得。

県高校総合文化祭「しおかぜ祭」(県教委、県高校文化連盟主催)が13~15日に諫早文化会館などであり、14日の郷土芸能部門に出場した壱岐商業の…

202011/30

長蛇の列で即完売。壱岐焼酎プレミアム商品券。

壱岐酒造協同組合(山内昭人代表理事)は23日、壱岐の島ホール大ホールロビーと壱岐島開発総合センターで「壱岐焼酎限定プレミアム商品券」の販売を…

202011/23

海岸を薄紫に彩る。ハマベノギクとダルマギク。

八幡半島の外海に面した海岸沿いに、ハマベノギクとダルマギクが花を開き、海岸を彩っている。いずれも壱岐対馬国定公園特別地域内指定植物に指定され…

ページ上部へ戻る