地域情報

オリーブたわわに実る。収穫体験楽しむ。

郷ノ浦町の壱岐オリーブ園で5日、収穫体験があり、市民らが収穫を楽しんだ。

島内外の人にオリーブに親しんでもらおうと、昨年から収穫体験を実施しており今年で2回目。参加者は、敷地に植えられた1600本の木からたわわに黒く熟した実を摘み取った。
オリーブは今月から来月にかけて収穫期を迎え、台風で実が落ちたものの、新しく実をつけた木もあり、昨年並みの1・5㌧の収穫を見込んでいる。

従業員の竹田雅美さん(58)によると、実だけでなく12~1月に収穫期を迎える葉もオリーブポリフェノールが含まれ、健康に良いという。

参加した川上尚子さん(65)は「ナツメのような感触でベトベトしない。壱岐産のオリーブなんで感動してしまいます」と収穫を楽しんだ様子だった。

18日にも午前9時から収穫体験(要予約)を実施する予定。予約など詳しくは同園(☎47‐6737)。

関連記事

  1. 航空路島民割引新運賃は壱岐~長崎片道4800円。
  2. 子牛平均価格71万円を突破 初百万円超えが7頭誕生
  3. ツインズビーチ 海水浴場海開き
  4. 梅雨の癒しに。片山あじさい園。
  5. フェリーあずさをリプレイス 唐津航路運賃2割程度低廉化へ
  6. イルカパーク再生計画~ドルフィンスイム復活へ。飼育頭数を13頭に…
  7. 壱岐初のゲストハウス今春オープン ネット資金調達で134万円超え…
  8. シェアして応募 協力隊がキャンペーン

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP