スポーツ

田中、野村が都大路を疾走 諫早の8位入賞に大きく貢献 全国高校 女子駅伝

第33回全国高校女子駅伝大会(通称・都大路)が26日、たけびしスタジアム京都(西京極総合運動公園)発着の21・0975㌔で開かれ、各都道府県代表の47チームが出場。本県代表の諫早は、4区(3㌔)に野村夏希(1年=郷ノ浦中出)、アンカーの5区(5㌔)に田中咲蘭(2年=芦辺中出)が県大会に続いて出場メンバー入り。雪が舞う厳しいコンディションの中で激走を見せ、チームは1時間09分54秒で総合8位。2年ぶりの入賞に大きく貢献した。

関連記事

  1. 元女子マラソン日本代表、加納由理さんが長距離指導。
  2. 一支国博物館は減少 GW観光客数 
  3. 壱岐合宿で調整 九電工女子陸上部
  4. 壱岐高放送部が全国大会出場。22日からNHK杯コンテスト。
  5. 原発テーマに番組制作 壱岐高放送部が取材
  6. 層厚い陸上大国・壱岐。市中体連陸上・相撲競技大会
  7. 壱岐玄海酒造TCが9連覇 第28回壱岐・壱岐綱引大会
  8. 那賀が2大会連続優勝 少年軟式野球学童選手権

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP