© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20206/29

リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。

勝本町のホテル・壱岐リトリート海里村上(旧海里村上)が17日、リブランドオープンした。

オープンを前に16日、報道機関向け内覧会を開き、奥村洋行総支配人(42)が館内を説明。「壱岐を愛する人になろうと思った。宿の運営で壱岐に貢献していきたい。人と人がつながり、最終的に移住してしまうというのが目標」と説明した。

部屋は全室オーシャンビューの源泉露天風呂付きで、湯ノ本湾の夕日や漁火の景色が広がる。提供する料理、飲み物、菓子類などは主に壱岐産品を使用。スタッフ29人のうち6割が地元採用としている。宿泊客に魚釣りを手ほどきできるようスタッフには“釣り休憩タイム”を設け、魚釣りの技術も磨いている。

また壱岐市が推進するSDGsにも配慮し、レンタカーは電気自動車にした。また、これまで処分されてきた温泉が結晶化してできる「湯の華」は、粉末にして陶器の素材として再利用し、陶芸体験のアクティビティにしている。正面玄関脇には飲泉所も作った。

運営会社の株式会社温故知新(東京都)の松山知樹代表取締役は「温泉を目的に訪れてもいいほどの温泉。景色、温泉、料理の3つがそろうのは全国にもなかなかない」と壱岐の魅力を語った。

同ホテルは1995年、ユートピアランドひらやまとして開業。2018年から株式会社温故知新が運営している。昨年7月にスパや鉄板焼きダイニングなどを新設。今年1月から全15室を12室(収容人数57人)にし、4月にオープンする予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け営業を見合わせていた。

昨年12月に世界のデザイナーズホテルを厳選した「デザインホテルズ」に加盟。ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎特別版では日本の離島で唯一の5パビリオンを獲得している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

20207/6

高校野球代替大会。11日壱岐、12日壱岐商。

新型コロナウイルスの影響で中止となった夏の甲子園大会地区予選、第101回全国高等学校野球選手権長崎大会の代替大会である「令和2年度長崎県高等…

20207/6

柳田にコンテナ村。5日に1店舗目オープン。

郷ノ浦町柳田触の中央サービス横にコンテナを活用した飲食店街「壱岐コンテナ村」の“開村”準備が進んでいる。5日には1店舗目として居酒屋「お食事…

20206/29

よっち、たかっち、きもいっち。霞翠地区まちづくり協議会。

霞翠地区まちづくり協議会の事務所開所式が20日、同事務所が入居した新城地区老人憩いの家で行われた。設立は4月1日付けで、当初は同4日に開所式…

ページ上部へ戻る