地域情報

県産酒乾杯条例を可決 山本啓介県議らが提案

18日に閉会した定例県会議最終本会議で、本市選出の山本啓介議員(自民・活正の会)らによる議員提案の「長崎県産酒による乾杯の推進に関する条例案」(通称・県産酒乾杯条例)が全会一致で可決した。
山本議員は「県では県民所得向上対策を進めており、その核となるのは製造業の振興だが、特に離島半島地域は地理的な不利な条件があり、製造業の基盤が弱い。その中で、酒造業は古くから重要な役割を果たしている。誇るべき伝統と文化を持った県産酒に敬意を表しつつ、県産酒による乾杯を推進することを通じて、県内外への県産酒の普及を促進し、本県経済の活性化と郷土愛の醸成に寄与する必要がある」と提案理由を説明した。
山本議員は「今回の提案は県酒造組合(山内賢明会長)からの要望が始まり。自ら立ち上がろうとする民間の取り組みの力強さこそが、本県の輝かしい未来を手繰り寄せる」と共感し、全会一致での可決にこだわり、各議員の元を訪れて説明を続けてきた。
壱岐市では平成25年9月に「壱岐焼酎で乾杯を推進する条例」を制定しており、20日に文化ホールで開催された「壱岐焼酎ひろば」や、7月1日の「壱岐焼酎の日」には本市や福岡県でも「壱岐焼酎で乾杯イベント」を行っており、条例は市民や関係団体に浸透しつつある。県産酒乾杯条例が加わることにより、壱岐焼酎をより全国へ広める足掛かりとなりそうだ。

 

関連記事

  1. 亡夫が15年間見守った灯火。千代ヶ瀬灯標監視を妻が継続。灯台の日…
  2. Iki‐Bizが閉所。相談は3年間で2095件。
  3. 4事業に国の助成 離島活性化交付金
  4. ナゾの腕輪状木製品が出土。27年度原の辻遺跡発掘調査
  5. 本市出身日高が先制弾。国見が新人サッカー優勝。
  6. 史上初のW女子横綱誕生 一支國幼児相撲大会
  7. ATR機導入を検討。ORC日野社長が言及。
  8. 大規模災害時に協力 測量設計コンサルタンツ協会

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP