地域情報

よっち、たかっち、きもいっち。霞翠地区まちづくり協議会。

霞翠地区まちづくり協議会の事務所開所式が20日、同事務所が入居した新城地区老人憩いの家で行われた。設立は4月1日付けで、当初は同4日に開所式を行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2か月半遅れての開催となった。市内18小学校区で設立準備が進められている「まちづくり協議会」の設立は、同じ4月1日に設立した筒城と合わせて計5か所となった。

霞翠地区では昨年5月から各公民館などが中心となり設立準備を始め、10月には住民アンケートを実施。以前から地域について意見交換をする場だった「みんなでかたろう会」の意見も集約し、今年3月に役員、規約、計画書案を承認。植村英生さんを会長、町田光浩さんを事務局長(集落支援員)とする執行部体制を決めた。

計画書のタイトルは「よっち、たかっち、きもいっち!~輝き、住みよい、活き活き カスイ~」とし、表紙に同地区の名所写真6枚を掲載した。町田事務局長は「この写真の風景を探しに霞翠地区を散策し、事務所にも気軽に立ち寄ってもらいたい」と挨拶した。

植村会長は「霞翠地区の住民は約1900人。3年で100人程度が減少し、少子高齢化、後継者不足が深刻になっている。チームワーク、ヘッドワーク、フットワーク、ネットワークの4つのワークを大切にしながらまちづくり協議会を運営し、住民が協力し合い、住民が主体となって課題解決に取り組んでいきたい」と抱負を語った。

同会の看板は、住民が提供した板に、同地区出身で2018年市美術展で最高賞の「山口幹雄賞」を最年少受賞した書道家の中村遼太さん(21=福岡教育大3年)が字を書き、地元の業者が彫った、地域協働にふさわしい作品として玄関に掲げられた。

計画書に盛り込まれた主な事業計画は以下の通り。
【総務部会】▽防災マップ作製▽防災資機材の整備と備蓄品の管理▽街路灯の設置▽独自ポイント制度の研究
【地域づくり部会】▽環境美化▽野犬対策▽地域イベント支援▽空き家活用▽耕作放棄地対策▽まちづくりサロンの開催
【活き壱岐健康部会】▽交通手段支援▽買い物支援▽三世代交流▽高齢者の見守り▽子どもの見守り▽徘徊者対策▽後継者不足解消
【霞翠っ子部会】▽安全マップの作成▽遊泳禁止看板等の設置▽挨拶運動▽登下校の安全確保▽地域との交流▽地域の伝統継承、学習▽子育て支援▽スポーツ教室の開催

関連記事

  1. 台風前に事前放流。永田ダムで壱岐初。
  2. 山口常光像前で演奏会 陸自大村駐屯地音楽隊
  3. 木桶の蓋から古文書。明治の生活色濃く。重家酒造。
  4. 辰ノ島に8百人 タツノオトシゴ発見
  5. 吉本芸人4人が観光大使。福岡で壱岐を情報発信。
  6. パラ五輪銀・道下美里さんが講演。壱岐ロータリークラブ創立50周年…
  7. 新市庁舎を建設すべき 白川市長が正式表明 市議会庁舎建設 検討特…
  8. 幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP