地域情報

子牛市は平均61万5660円 史上最高記録をさらに更新 壱岐家畜市場 定例2月子牛市

子牛市(高値の続出で大賑わいの子牛市)壱岐家畜市場の2月定例子牛市が1、2日に行われ、2日間トータルで入場794頭、取引成立793頭(牝349頭、去勢444頭)、販売総額4億8821万8320円の好成績を記録した。平均価格は61万5660円で、前回の2014年12月市場の59万20円を2万5千円以上も上回り、歴代最高価格をさらに更新した。
昨年2月市場と比較すると平均価格は10万円以上の伸びとなった。794頭の入場も昨年2月市場(819頭)以来の多頭数で、価格高騰は全国的な子牛頭数の不足が大きな原因とはいえ、生産者の笑顔は絶えず、市場は活気に満ちあふれた。
特徴的だったのは牝の高価格で、去勢の平均価格は前回から2万2千円増の65万4161円だったが、牝は2万8千円増の56万6678円となった。最高価格は平茂晴の去勢で95万5800円を記録し、これは昨年4月市場で百合茂の去勢が記録した95万7960円に次ぐ記録となった。種雄牛別では、牝、去勢とも金太郎3が、平茂晴を平均価格で上回る高い人気となった。
JA壱岐市・川﨑裕司組合長は「新規の購買者が3人加わり、活発なセリとなった。新年最初のセリ市として、この結果は素直に喜びたい。牝が高く売れてくれたので、生産者も安心したと思う。この価格が増頭に結びついていくように、より一層努力していく」と笑顔を見せた。

関連記事

  1. 長岡美桜(盈科2年)が優勝 県小学生記録会女子1・2年五十㍍
  2. 小学生国語、算数とも4位 県小中学生学力調査
  3. 県高校総体 益川洋武が三千障害で優勝
  4. ウニキャラの名前変更
  5. 初の合同企業説明会 5企業が参加
  6. 本日の日刊スポーツ
  7. 光のショーを堪能 立石仲触で蛍鑑賞会
  8. ふれあい広場は白紙撤回 芦辺中学校建設予定地を再検討

おすすめ記事

  1. イルカ購入を巡り議会が紛糾 2頭購入、1頭借用に1128万円 予算案可決も 課題は山積
  2. 壱岐から岩井さんが初出場 身体障害者野球大会
  3. 農事組合法人勝本に 知事賞 ながさき農林業大賞

歴史・自然

PAGE TOP