© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20202/14

9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

市は3日、市地域おこし協力隊員(離島留学生コーディネーター担当)として福岡県柳川市からUターンした大森久子さん(48=芦辺町出身)に委嘱状を交付した。任期は最長で2023年1月末まで。市教育委員会教育総務課に配属される。同隊員採用は今年度3人目で、任期中の隊員は計9人。

隊員業務として、本市が2018年度から導入した小中学生の離島留学制度「いきっこ留学」などをさらに普及するため、同制度の各メディアへの売り込み、島内外の小中学校を訪問して制度説明会の実施、オープンスクールなどの企画・運営、留学生のケア・里親や保護者との情報交換、里親の新規開拓などに取り組む。

大森さんは壱岐商卒業後に福岡のアパレル会社に就職。昨年、墓参りのため本市を訪れた際に、同級生から協力隊の仕事を聞き、30年ぶりに本市にUターンすることを決意した。
大森さんは「自分は壱岐から外に出た人間だが、それだけに外から見た壱岐の良さ、市民の人柄の良さなどをよく知っている。留学してくる子どもたちは知らない場所で暮らすのが不安だと思うが、その不安も理解してあげられる。趣味の手芸を通じてボランティアに関わってきたので、その経験を活かし地元の人と留学生が触れ合えるコミュニティの場提供したい。大好きな生まれ故郷の活性化に携われることも嬉しい」と抱負を語った。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る