地域情報

山本氏が無投票で再選 県議会議員選挙壱岐市選挙区

任期満了に伴う長崎県議会議員選挙が3日告示され、壱岐市選挙区(定数1)は立候補者が山本啓介候補(39=自民現職)1人だったため、立候補受け付け締め切りの午後5時に、無投票での再選が確定した。
午後5時過ぎに遊説先から郷ノ浦町の選対本部に戻った山本氏は、大内武彦後援会会長から当選の知らせを聞き「ありがとうございました。これからの4年間はまたよろしくお願いします」と後援者に礼を述べ、関係者とともに万歳で再選を祝った。
山本氏は記者の囲み取材に「選挙がなかったということは、市民の意思表示がなかったということでもある。それだけに今後はなお一層、市民の声を聞いて、地域・政治課題を見出し、解決の方向へ向かっていかなければならないと強く思った」と初の無投票当選の感想を語った。
2期目の課題としては「人口減少を緩やかにすることが大きなテーマ。そのためには子育ての環境を整備すること、国境離島新法の中身に地域の実情を盛り込むこと、雇用を生み出すこと、地方創生の発案に市長・議会、市民・公民館など団体組織とともに広いテーブルに就いて進めていくことなどが重要になる」などと抱負を語った。県議選(再選が決まり万歳をする山本候補と後援者)

関連記事

  1. 島外から18チーム参戦 アイランドCサッカー
  2. 芦辺中はふれあい広場に新設へ 検討委員会が報告書を提出 教育委員…
  3. 中学生が質問・提言 市子ども議会
  4. 大阪へ陸上養殖トラフグを千匹出荷。
  5. 幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。
  6. 冨永愛斗が個人総合優勝。初山小は団体戦4位。交通安全子供自転車県…
  7. 集団接種シミュレーション。1時間30人、1日150人を想定。新型…
  8. 初の合同企業説明会 5企業が参加

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP