地域情報

博多航路に新規参入計画 なかはらグループがフェリー確保

島民の夢である博多航路JR並み運賃の実現へ向けて、一歩が踏み出された。株式会社なかはらグループの壱岐郵船株式会社(中原晋輔代表)が4日、市議会定例会12月会議に「『壱岐~福岡間の通勤・通学航路』運航についての要望」を提出した。「壱岐活性化のため福岡~壱岐~対馬間に貨客フェリーを運航する」計画が示され、「使用船舶はすでに準備ができている」とした上で、岸壁使用などに市の協力を要望した。市議会はこの要望について15日の産業建設常任委員会(久間進委員長)に付託する。
同社が提出した要望書によると計画は次の通り。
①壱岐~福岡間の通勤・通学が可能な運行時間を設定する(壱岐発午前6時~福岡着午前8時05分、福岡発午後6時~壱岐着午後8時05分)。壱岐市の通勤通学費助成制度の利用で、各家庭の経済的負担の軽減を図る。
②運賃をJR普通運賃並みの距離あたり運賃の設定とする。壱岐~福岡間の距離は、福岡~大牟田間と同等距離で、その運賃は1290円。この運賃に近づけるべく検討する。
③壱岐島民の立場に立った運行時間を設定する。さらに高速船の導入についても検討中。
④現在の1日6便(九州郵船のフェリー通常期)に弊社の6便が加わり、計12便となり、島民の利便性が向上し、さらに交流人口の増加が図られる。
⑤壱岐の農水産物輸送に勘案し、トラックの無人化航送等を提案し、物流コスト削減に寄与していきたい。
⑥雇用機会の創出に寄与する(船員・サービス要員等30人程度)。
その上で要望として、▽壱岐島内での岸壁使用許可について配慮願いたい▽運航許可並びに博多港岸壁使用許可等について、九州海運局、福岡市、各関係機関への陳情をお願いしたい▽壱岐市から弊社に対する出資(壱岐市から九州郵船への出資額の範囲内)をお願いしたい、の3点を挙げている。
博多~壱岐~対馬間は海上運送法で定める「指定区間」が設定されており、博多~壱岐間は「1日3往復(内自動車運送2往復)、旅客3百人、乗用車33台」、壱岐~対馬間は「1日2往復(内自動車運送1往復)、旅客75人、乗用車20台」のサービス基準が設けられている(使用船の定期的整備・検査に要する期間はこの限りではない)。
この区間に新規参入するためにはサービス基準を満たす必要があり、平成11年から参入を目指していた同社にとって、このハードルをクリアすることができなかった。
同社は航路計画について「新社名や運賃設定などまだ未決定の重要項目も多く、準備が整い次第、記者発表を行う。それまでは取材への対応を控えさせて頂く」としているが、今回はすでに旅客350人、乗用車40台程度の輸送能力がある船舶を確保し、さらにもう1隻のフェリーまたは高速船の購買計画が進められてサービス基準がクリアできる見通しが立ったため、今回の要望書提出に至ったようだ。
要望の3点について、岸壁使用許可とその陳情は、市としても反対理由は見当たらない。また出資に関しても、現在九州郵船に対しては約9千株(時価約430万円相当)を保有しているだけで、同程度の出資であれば市財政上の問題も大きくはないと思われる。
今後、運輸局などとサービス基準、収支計画、岸壁使用計画を詰め、競合する九州郵船と料金、運航ダイヤの調整などが必要になってくるが、早ければ来年4月からの就航へ向けて、計画は進み始めている。

 

関連記事

  1. 空路存続の機運高める。離島航空路線活性化シンポジウム
  2. 八幡が優勝、準優勝は那賀 第5回壱岐友杯少年軟式野球
  3. JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。
  4. 感染症警報を継続 ヘルパンギーナ
  5. 漁業振興が最優先課題。市議補選当選の中原さん。
  6. 朝来市が壱岐牛提供 ふるさと納税
  7. スペースシャトルの食事。一支国博物館で宇宙食フェア。
  8. 松下翔紀が高校日本一。2019年十大ニュース

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP