© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20199/20

本市出身山川さんらが指導。ブラインドサッカー教室

壱岐サッカー協会は15日、筒城ふれあい体育館で「心をつなぐスポーツのチカラ~ブラインドサッカーから学ぶコミュニケーション~」を開催。壱岐少年サッカークラブ、アビスパ福岡ジュニアチームの子どもたち約60人が参加した。

ブラインドサッカー女子日本代表の藤井潤コーチが講師を務め、芦辺町出身でブラインドサッカー・ナショナルトレセン強化指定選手に選出されているF・C・Avanzareつくばの山川聖立(せいりゅう)選手(23=筑波技術大学4年)が特別ゲストとして参加。アイマスクを着用したコミュニケーション、ブラインドサッカーを体験した。

前半はアイマスクを着けた人を誘導して歩いたり、階段を昇降したりして、視覚障害者とのコミュニケーションを図る体験。後半は、動かすと鈴の音が鳴るボールを使って、アイマスクを着けたままパス、ドリブル、実戦形式のディフェンスを行うなど、ブラインドサッカーの楽しさ、難しさを経験した。山川さんが立っている人たちを避けながらのジグザグドリブルを披露、ディフェンスをかわして見事なシュートを決めると、子どもたちからは大きな拍手が起きた。

壱岐SSCの山田大翔キャプテン(瀬戸小6年)は「ボールを見ないでサッカーをするなんて考えられないことで、とても難しかったが、山川さんのまるでボールが見えているような動きを見ると、サッカーは視覚障害があってもできるスポーツなのだなと思った。受ける人のことを考えたパスの出し方が重要なことは、通常のサッカーでもブラインドサッカーでも同じだということに気がついた」と話した。

山川さんは網膜色素変性症で先天的に視野が狭く、視力も次第に悪化する視覚障害があり、壱岐高1年まで続けていた野球を断念。吹奏楽部に入部したが「やはりスポーツがしたい」と進学した筑波技術大学でブラインドサッカーに出会った。「ブラインドサッカーを通して、視覚障害者など困っている人に対しての思いやり、何事においても相手を思いやる気持ち、難しいことに挑戦する意欲を子どもたちに伝えたいと思った。故郷・壱岐に少しでも貢献できたことが嬉しい。今後はブラインドサッカー日本代表入りを目指している」と目標を語った。

壱岐SSC・山田武範監督は「やさしいパスを出すこと、大きな声で指示の声を出すこと、仲間とコミュニケーションを取ることは、サッカーでは極めて重要な基礎だが、つい忘れてしまいがちになる。ブラインドサッカーを通して、選手も指導者も学べることは多い」と今後も定期的にブラインドサッカーをチームに取り入れていく考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る