地域情報

真邊慰霊碑を参拝 芦辺小全校児童

真邊碑参り(真邊慰霊碑を参拝した芦辺小の児童)芦辺小学校(原洋校長、54人)の全校児童は11日、大正6年(1917年)におぼれた児童を助けて亡くなった同校の教員、真邊貞雄さん(享年30)の殉職慰霊碑を参り、海難事故防止を誓った。
真邊さんは同年7月10日、校長と教員2人とともに、4年生以上の3学級120人の児童を連れて、清石浜で水泳の授業を行っていた。当日は快晴微風の海水浴日和だったが、児童2人が引き波にさらわれておぼれた。真邊教諭は児童2人を必死に助けたが、その瞬間に力尽きて海中に姿を消したという当時の状況が、同校の資料に残っている。
慰霊碑は7回忌の1923年に同浜を見下ろす高台に建立され、毎年7月10日に同校の児童が参拝を続けている。今年は92回目で、10日は台風の影響で臨時休校となったため、11日に実施された。
石橋駿さん(6年)が「これからも海の事故が起こらないように見守ってください」と碑に話し掛けて献花を行い、生徒代表の松本一希さん(6年)が「海へは必ず家族と一緒に行き、深いところには行きません。おぼれている人を見つけたら大きな声を出して、大人の人を呼びます」と碑の前で水の事故防止を誓った。

関連記事

  1. 平均価格は約68万円。回復傾向見られる。
  2. 需要減で減便 。九州郵船。
  3. 乾隆通宝など通貨が出土 白沙八幡参道で発掘調査 壱岐高の生徒
  4. 愛知など12チーム参加 一支国ソフトバレー
  5. 壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。
  6. 総合戦略骨子案を検討 人口減少対策会議
  7. 外務省・笹原直記さんが副市長として地方創生を担当 9月1日着任
  8. 3種目で優勝 県ジュニア陸上

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP