スポーツ

長岡美桜 (郷ノ浦)全国大会へ U‐16ジャベリックスロー


日本オリンピック委員会(JOC)U‐16/U‐18陸上競技大会県代表選考会が8月28日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、本市から唯一人出場した長岡美桜(郷ノ浦中3年)が、女子U‐16ジャベリックスローで優勝した。

長岡は1投目に27㍍14でトップに立つと、2投目34㍍52、3投目で自己ベストとなる36㍍07をマーク。その後も4投目33㍍47、5投目31㍍43、6投目34㍍63と30㍍以上をコンスタントにマークし、他の選手を圧倒した。2位の記録は27㍍05だった。

長岡は県代表選手として、10月21~23日に愛媛県総合運動公園競技場で開かれる第53回JOC・U‐16陸上競技大会の同種目への出場を決めた。

長岡は盈科小6年の2019年に日清食品カップ第35回全国小学生陸上競技交流大会(横浜市)のコンバインドBに出場し20位(1771点=走り幅跳び3㍍94、ジャベリックスロー41㍍06)となったことがあり、全国大会へは3年ぶり2度目の出場となる。

長岡は「風が強くて難しいコンディションだったため、他の選手は記録を伸ばせなかったが、私はうまく風を捉えることができたのがラッキーだった。全国大会ではベスト8入りを目指したい」と抱負を語った。

関連記事

  1. 初のパブリックビューイング。V長崎がホームタウン活動。
  2. 全国小学生陸上5年男子百㍍、福原悠吾(志原)が全国4位。
  3. 壱岐玄海酒造TCが4位 いわて国体綱引競技会
  4. 第1回人口減少対策会議 政策企画課に事務局設置
  5. 銀輪疾走 初夏の壱岐路 サイクルフェスタに619人
  6. ジュディ・オングさん来島 トークショー、サイン会を開催
  7. 最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。
  8. 川下さんが聖火ランナー。1.8㌔を8人でリレー。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP