© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20199/13

4種目で大会新記録。ナイター陸上競技大会

第41回ナイター陸上競技大会(壱岐陸上競技協会主催)が7日、大谷グラウンドで開かれ、5競技27種目に延べ約9百人が出場。4種目で大会新、1種目で大会タイ記録が出て、盛り上がる壱岐の陸上界を象徴する大会になった。

トラック最初の種目となった中学千五百㍍は、今年も女子中距離界をけん引する2人がその存在感を示した。中学3年女子は田中咲蘭(芦辺)が1、2年時に続いてこの種目3連覇を達成。4分55秒5で従来の記録(5分01秒2)を大幅に更新する大会新記録となった。田中は「百㍍20秒を切るペースで、4分55秒は計算通りのタイムになった。壱岐の土のグラウンドでは自己新で、調子は上がってきていると思う。ジュニアオリンピック、駅伝と、中学最後のシーズンを笑って終えたい」と故障からの完全復活を宣言した。

その田中の1歳下のライバル野村夏希(郷ノ浦)は、中学2年千五百㍍で2位に30秒以上の大差をつける5分03秒3の大会新で圧勝した。昨年は1年で5分02秒2の大会新をマークしていただけに野村は「大会新というのは嬉しいが、4分50秒台が目標だっただけにタイムは不満。これから駅伝へ向けてさらに仕上げて、郷中らしいたすきリレーで市大会で優勝したい」と駅伝シーズンに目標を切り替えた。

中学2年男子三千㍍は、第一人者の原田航汰(勝本)が、現在は短中距離にシフトした竹下紘夢(郷ノ浦)らを寄せ付けず、3年生のタイムを大きく上回る9分58秒7で優勝した。原田は「大会記録(9分42秒6)更新が目標だったが、最後にバテてしまった。3年生が引退すると最上級生になるので、駅伝でもチームを引っ張っていける存在になりたい」と抱負を語った。

日が暮れて照明が点灯された午後8時過ぎの小学5年男子百㍍には、8月の全国小学生陸上で全国4位の成績を収めた福原悠吾(志原)が登場。14秒5で2位に1秒3差と貫禄の走りを見せた。全国では13秒27をマークしていただけに福原は「大会記録(13秒9)を更新したかった。スタートで起き上がってしまい、ひじの角度も悪かった」と悔しそうな表情を浮かべたが、スタンドに最も近い8レーンという難しさの中で、堂々とした凱旋走となった。

大会会場には、全国高校陸上選抜大会六百㍍で優勝した松下翔紀(壱岐商3年)が壱岐商体育祭後に姿を見せ、スタンドへ向けて「皆さんの支えで全国優勝することができた。インターハイで悔しい思いをしたが、雪辱を遂げられた。国体、U20日本選手権でも日本一を目指して頑張りたい」と優勝報告と今後の抱負を語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る