© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9日、市内の特設コースで開かれ、11部門に500人が出場し、476人が完走した。

最高齢者賞は福岡県の下麦博正さん(81)、遠来者賞は北海道の井上学さん(51)に贈られた。落車によるけがで1人が救急搬送されたが、軽傷だった。ボランティアは立哨を行った市消防団、市職員をはじめ、各種サポートをした商工会青年部・女性部、市観光連盟、市婦人会・青年団、草刈りを行った建設・土木業者など約900人が大会を盛り上げた。

エリート50㌔(日本自転車競技連盟所属選手)は、壱岐サイクルのレジェンド・白石真吾さん(38=山口)が13、14、15、17年に続いて、2年ぶり5度目の王者に輝いた。優勝5回は、1997年から4連覇した西山孝之さん(佐賀)の4度を更新する新記録となった。白石さんは3人で形成した先頭グループから、残り1.5㌔の地点でスパート。大谷公園のゴール手前の急坂はセーフティリードをつけて上り切り、2位との着差は6秒ながら余裕を持った盤石のレース運びを見せた。白石さんは「昨年は国体予選と日程が重なったため出場できず、壱岐を走らないと何か寂しい思いを感じていた。今年はその気持ちをぶつけて、積極的なレースを心掛けた。これまでの実績からマークされているプレッシャーはあったが、仕掛けたり、引いたりと頭脳戦に持ち込んで、相手を翻弄した。トップグループの他の2人は19歳で私の半分の年齢だったので、ベテランらしいレースを心掛けた」と知り尽くしている壱岐のコースも味方につけた。

体力面でも若手にまったく負けていなかった。昨年よりもコースは約500㍍延長され、風も瞬間最大10㍍を超える強さだったが、積極的に仕掛けたことで、1時間20分31秒の優勝タイムは昨年より1分33秒速く、一昨年の自身のタイムよりも14秒速かった。レース後は19歳の2人からトレーニング方法を聞かれてアドバイスするなど、レジェンドぶりを見せ付けた。「来年も優勝できるように、トレーニングをしてきます」と早くも6度目の優勝を視野に入れていた。

エキスパート50㌔男子も壱岐のコースを知り尽くしている中原裕章さん(39=熊本)が08、12、16年に続いて4度目の優勝を果たした。中原さんは「一昨年がゴール前の競り合いに負けて1秒差の3位だったことが悔しくて、リベンジの気持ちが強かった。昨年は準備が整わなかったので、30歳代最後となる今回は昨年11月からこのレースを目標に乗り込んできた。最後の坂で両足がつって、やばいと思ったが、競っていたもう1人もかなり消耗していたので、最後のスプリントで押し切ることができた。感無量です」と喜びに浸った。

50㌔女子エキスパートは、昨年2位だった明地麻由さん(33=長崎)が4度目の挑戦で初優勝を飾った。2位には11分以上の大差をつけた。「昨年2位だったので、今年は優勝することしか考えていなかった。風が強かったので、男子選手の集団の中で体力消耗を防ぎ、絶対に1番になるという強い気持ちを持ち続けた」と勝因を振り返った。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

20195/31

高校総体陸上2冠へ。松下翔紀(壱岐商3年)

第71回県高校総合体育大会が6月1日から7日まで、県内各地で開催される。 注目を集めているのは陸上競技(諫早・トランスコスモススタジア…

ページ上部へ戻る