© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の古典でも古事記の中で紹介されていることが多く、元号が古事記から選定されなかったのはやや残念だが、壱岐には万葉集に関係する歴史もある。

石田町の万葉公園は、黒木城跡を整備して作った公園だが、頂上部中央に遣新羅使として派遣され、途中立ち寄った壱岐で病死(736年)した雪連宅満(ゆきのむらじやかまろ)への挽歌「石田野に宿りするきみ 家人のいづらとわれを 問はばいかに言わむ」(万葉集・巻15)の万葉歌碑が建立され、万葉公園の名が付けられた。この歌は「壱岐の石田の野を宿として永眠についた君よ。故郷の人が君のことをどうしていますと私に尋ねたら、何と言ったらいいのだろうか」と解釈されている。

「令和」の典拠となった梅花の宴(730年)は大宰府の長官だった大伴旅人の邸宅で開かれたが、この宴には壱岐から壱岐守板氏安麻呂と壱岐目(さかん)村氏彼方(そんじのおちかた)の2人が参加していた。このうち村氏彼方が梅花の宴で詠んだ歌「春柳 かづらに折りし 梅の花 誰れか浮かべし 酒坏の上に」(巻16=写真=)が勝本町のサンドーム壱岐の前に歌碑として建立されている。壱岐にも「令和」に直接関係する歴史があったのだ。

太宰府にはすでに多くの観光客が訪れているという。その観光客に壱岐まで足を延ばしてもらうのは難しいかもしれないが、令和時代の幕開けにあたり、壱岐市民はこの歌碑を訪れて、壱岐と万葉集のつながりに思いを馳せてみるのも一考ではないだろうか。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

ページ上部へ戻る