© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20189/28

今年度百歳到達者は10人。総理、知事から祝状贈呈。

壱岐振興局は18、19日、市内で今年度百歳を迎える大正7年4月1日から8年3月31日生まれの10人(男2、女8)を大﨑義郎振興局長が訪問し、内閣総理大臣と県知事からの祝状と記念品を贈った。

芦辺町の藤本ミワさん(99、1月13日生まれ)は、介護老人保健施設壱岐(勝本町)での贈呈式に出席。安倍晋三総理、中村法道県知事からの祝状、銀杯などを贈られると「たいしたことはしとらんのに」と照れくさそうな笑顔を見せた。大﨑局長から「歌がお好きだそうですね」と聞かれると、しっかりとした音程で「上を向いて歩こう」を3回も熱唱するサービスぶり。大﨑局長は「しみじみと、良い歌ですねえ」と拍手した。

長男の藤本光義さん(71)は「足を悪くして、リハビリの時に下を向いていたら、先生から『上を向いていないと』と励まされて、それからずっと歌っているそうです」と優しく母親を見つめた。光義さんは「父が牛飼いだったので、母もずっと牛の世話をしながら6人の子どもを育てた働き者ものだった。私が小さい頃は、箱崎江角触の自宅から瀬戸まで、母に手を引かれて野菜を売りに行き、帰りに土産を買ってもらうのが楽しみだった。母は尋常高等小学校の時からずっとリレーの選手で足が速かったそうで、運動神経が良かった。ゲートボールは90歳くらいまでやっていた。その体力と、くよくよしない性格が長生きの秘訣なのでは」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/18

新春マラソンに1817人出走。ハーフ男子は川谷勇貴さん優勝。

第33回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が13日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、6部門33種目に延べ1817…

20191/18

壱岐の「本物」育成が必要。

年末年始は仕事以外は外出せずに、テレビを観る時間が多かった。動画のネット配信に押され気味だと言われているテレビだが、見応えのある番組もあった…

20191/18

こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。

「子育ての島・壱岐」の充実に、保護者たちが立ち上がった。市内子育てサークルの「おひさま」「さくらんぼ」「たんぽぽの会」「笑(えみ)」の4団体…

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

ページ上部へ戻る