地域情報

庁舎建設を断念 白川市長が表明

壱岐市庁舎建設に関する住民投票が26日、投開票され、「庁舎建設に賛成」4629票、庁舎建設に反対」9703票(無効票177票)で、反対が上回った。投票率は63・67%だった。
この結果を受け白川博一市長は開票後の記者会見で「投票率60%以上なら、その結果に無条件に従うと住民投票条例制定の時に表明していた。最終判断は議会で相談することになるが、建設はしないことにしたい」と建設断念を表明した。

関連記事

  1. 運賃低廉化に8337万円。新年度一般会計当初予算案
  2. 女子四百㍍Rで3位 小学生陸上交流大会
  3. 亡夫が15年間見守った灯火。千代ヶ瀬灯標監視を妻が継続。灯台の日…
  4. 県壱岐病院5周年式典。向原、米城両氏に感謝状。
  5. 海・陸料理が大集合 地域おこし協力隊が発案
  6. 壱岐島移住ガイドブック発行。表紙応募作品はイオンで展示。
  7. 今年も超人たちが集結。50㌔女子・松本久昌さんに注目。21日に第…
  8. 道下さんが強化合宿。視覚障害女子マラソン

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP