地域情報

知事賞に壱岐高歴史学専攻5人。定光寺前遺跡を研究、論文に。第14回全国高校生 歴史フォーラム。

「地歴(地理・歴史)の甲子園」といわれる第14回全国高校生歴史フォーラム(奈良大学、奈良県主催)の成果発表が14日、同大学であり、壱岐高校東アジア歴史・中国語コースで歴史学を専攻する2年生5人の論文が上位2編の一つ「知事賞」を受賞した。同校は4年連続で出品しており、2017年は優秀賞、18年は佳作に入選。昨年は「未解明の古墳時代の集落に迫る~壱岐・車出遺跡とその遺物から見た巨石古墳との関係~」と題した発表が上位3篇中の奈良大学創立50周年記念特別賞を受賞しており、2年連続の上位受賞となった。

関連記事

  1. 廃校舎ドローン教室に マリンハビタット壱岐が開所式
  2. 幻想的な光のショー ホタルの乱舞が始まる
  3. 大久保未里さん(壱岐高3年)入選 第61回県展洋画部門
  4. ハッピーヒルズで落成式 市内3か所目の特養ホーム
  5. 86人が出場、優勝は76㌢。第2回壱岐の島タイラバ大会。
  6. 7蔵が乾杯用焼酎を共同開発 壱岐焼酎の日10年・地理的表示20年…
  7. 壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。
  8. 中国から2団体 インバウンド着々

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP