地域情報

知事賞に壱岐高歴史学専攻5人。定光寺前遺跡を研究、論文に。第14回全国高校生 歴史フォーラム。

「地歴(地理・歴史)の甲子園」といわれる第14回全国高校生歴史フォーラム(奈良大学、奈良県主催)の成果発表が14日、同大学であり、壱岐高校東アジア歴史・中国語コースで歴史学を専攻する2年生5人の論文が上位2編の一つ「知事賞」を受賞した。同校は4年連続で出品しており、2017年は優秀賞、18年は佳作に入選。昨年は「未解明の古墳時代の集落に迫る~壱岐・車出遺跡とその遺物から見た巨石古墳との関係~」と題した発表が上位3篇中の奈良大学創立50周年記念特別賞を受賞しており、2年連続の上位受賞となった。

関連記事

  1. イルカのひかり死亡 今年3頭目の訃報
  2. 給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。
  3. 2人の地域おこし協力隊員。情報発信に取り組む。
  4. 中学生議員が一般質問。市子ども議会を開催。
  5. 壱岐ウルトラマラソン。今年度の中止が決定。
  6. 長岡秀星さん最古の作品発見 高校同級生・篠崎さんが寄贈 7日まで…
  7. 資源回復には産卵期漁獲規制を 市マグロ資源を考える会総会
  8. コロナ検査気軽に 検査キット自販機設置

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP