© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20168/9

リオ金メダルを約束 視覚障がいマラソン・道下選手

6月25日から27日まで本市で合宿を行った視覚障がい者女子マラソンの道下美里さん(39=三井住友海上)が、9月18日に開催されるリオデジャネイロ2016パラリンピック・マラソン競技の日本代表選手に正式に決定した。日本パラリンピック委員会がこのほど、発表した。
道下さんは7月25日のNHK「あさイチ」のプレミアムトークにゲスト出演。病気による視覚の低下と失明、マラソンとの出会い、チーム道下の仲間たちについて明るく語り、世界歴代2位の2時間59分21秒という自己ベストを更新して「応援してくれる人たちのためにも絶対に金メダルを獲る」とたくましく宣言した。
番組の最後に壱岐から「みんなで応援しています」との応援ファックスが紹介されると「合宿した時に本当に温かく歓迎してもらった。またメダルを持って行きたいですね」と金メダルを手土産に壱岐に凱旋することを約束した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る