地域情報

栽培漁業に新たな可能性

syasetsu 先日、仕事で東京へ出掛けた際、回転寿司店や居酒屋で「トラフグ」ののぼりを多く目にした。12~2月はフグの旬。特に次第に大きくなってくる白子は絶品だ。記者は北海道在住の頃に、白子を食べるためだけに大分県臼杵市まで訪れたことがあったほどで、「最後の晩餐は?」と聞かれたら「トラフグの白子焼き」と即答する。
超高級食材であるはずのトラフグが、養殖物であったとしても格安の回転寿司店や居酒屋のメニューに入るとは…。「ニセモノでは!?」と訝しんだが、後で調べてみると、間違いなく本物のトラフグだった。
フグが多くの店で扱われるようになったのは、規制緩和の影響。規制の厳しかった東京都でも一昨年からフグ調理師の免許がなくても、有毒部分を除く処理を行ったフグなら飲食店で提供できるようになった。そのため加工場を設けた業者が増加し、フグが大量に流通するようになったのだ。
価格も大幅に下がった。養殖物でも高価だったのは、フグ調理師免許がないと提供できなかったため、その人件費、希少さによるもので、養殖されている量を考えれば、決して希少なものではなかった。流通量が増えるにしたがって単価も下がり、養殖技術の発展で味の面では天然物に近づいてきている。
その処理済みフグを出荷している大手会社の一つが、平戸市の長崎ファーム。3年前からは本格的な養殖を手掛け、居酒屋などに販路を確保し、取扱量は年々拡大している。ホームページでは一般消費者への直売も行っている。
燃油の高騰、資源の枯渇で、壱岐の漁業は非常に厳しい状況に置かれている。壱岐でフグの養殖、といっても簡単にできることではないだろうが、栽培漁業には大きな可能性があることは確かだ。近畿大学水産研究所ではクロマグロの完全養殖を、水産総合研究センターではウナギの完全養殖をそれぞれ成功させている。一般流通に乗るのはまだ時間がかかるが、夢は広がっている。
昨年、青空知事室で壱岐を訪れた中村法道知事も、栽培漁業の可能性を何度も口にしていた。県の支援も期待できるだけに、壱岐の栽培漁業で何ができるのか、新たな可能性を探る時が来ている。

関連記事

  1. 「うに屋のあまごころ」オープン
  2. 人口2万7103人 5年で2274人減少
  3. 壱岐産の種雄牛2頭誕生。BMS値は県歴代2、3位。
  4. 中国から2団体 インバウンド着々
  5. 「甲子園の経験は人生の成長につながった」海星・小畑翔大主将インタ…
  6. 壱岐拠点を郷ノ浦に開設 ベンチャー企業AHGS
  7. 谷繁、和田さんがコーチング。壱岐の島野球教室
  8. 県高校総体 益川洋武が三千障害で優勝

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP