スポーツ

国分天満宮奉納相撲 450年の伝統行事

芦辺町の国分天満宮で7日、例大祭が開かれたのに伴い、国分相撲協会主催の「国分天満宮奉納相撲」が境内の土俵で行われた。
奉納相撲は450年以上の伝統行事。伝統継承、地域活性化を目的に実施されている。大人相撲には芦辺中学、壱岐商業高校柔道部の生徒など約50人が出場し、懸賞相撲や3人抜きなど古式に則った取組が行われた。
子ども相撲には那賀小学校の児童ら約30人が参加。2歳児までの児童による「子ども土俵入り」も行われ、観客から大きな拍手が起こった。

 

関連記事

  1. 勝本中が全国大会1勝 1回戦で成田(宮城)破る 全国中学 軟式野…
  2. 芦辺中はふれあい広場に新設へ 検討委員会が報告書を提出 教育委員…
  3. 芦辺小・中学校の集約検討を 久保田教育長は「地元から要望ない」 …
  4. 芦辺地区第1分団 驚異の218点(ポンプ車) 郷ノ浦地区第7分団…
  5. 長岡、福原が全国大会へ。壱岐から4年連続出場。日清カップ小学生陸…
  6. 壱岐商が野球で一矢報いる 復活2年目の両校戦
  7. 「世界と長崎の貿易品展」 博物館オープン収蔵展示
  8. 福原悠吾が6年百㍍優勝。県ジュニア陸上選手権。

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP