スポーツ

田中亜可梨(芦辺中出身)が23日の都大路へ。長崎商が長崎市役所表敬訪問。全国高校女子駅伝

23日に京都市で開催される第30回全国高校女子駅伝大会(通称・都大路、京都市西京極陸上競技場発着5区間21・0975㌔)に長崎県代表で初出場する長崎商業高校陸上競技部のメンバーが17日、長崎市役所に田上富久市長を表敬訪問した。同部の主将を務めるのは芦辺中学出身の田中亜可梨さん(3年)。田中さんは田上市長の前で「仲間を信じて笑顔でタスキリレーをし、お世話になった方々に走りで恩返しをしたい。力強い、自分たちらしいレースをしてきます」と都大路での健闘を力強く宣言した。駅伝の出場選手、出場区間はレース当日まで発表されないが、田中さんは県大会と同じ3区(3㌔、烏丸鞍馬口~室町小学校前折返し~北大路船岡山)への出場が予想されている。

長崎商は11月2日に雲仙市、南島原市で行われた県高校女子駅伝大会で、前年まで23年連続で優勝していた諫早を1分00秒差で破って初優勝を飾り、都大路への切符を手にした。1区で「スーパー女子高生」と呼ばれている廣中璃梨佳さん(3年)が諫早に1分36秒の大差をつけてレースの主導権を握り、3区(3㌔)の田中さんも区間3位の10分33秒で首位を死守。4、5区も踏ん張り、最後まで首位を渡さなかった。

陸上競技中長距離種目で数々の壱岐市小学・中学記録を塗り替えた田中さんは、芦辺中卒業後、「都大路を目指したい」と本土の古豪・長崎商に進学した。だが1、2年時はケガが多く、満足にシーズンを通して大会に出場することができなかった。一昨年、昨年の県高校女子駅伝大会もレギュラーメンバーから外れ、チームも諫早に敗れ2位が続いた。だが今年はチームの精神的な支柱である主将にも任命され、ケガも徐々に回復に向かい、県大会で快走。この日の表敬訪問でもチームを引率し、田上市長らからの質問にも終始笑顔で率先して答えた。

田中さんは「走れなくて辛い時期が多かったが、仲間たちに支えられて、やっとここまで来ることができた。特に(廣中)璃梨佳というすごい同級生がいたことは、本当に心強かった。一緒に練習できたことは、自分を高めるためにすごく刺激になったし、相談に乗ってもらったり、いろいろと助けてもらった。3年間、都大路で走ることだけを目標にやってきた。この1年は主将としての重責もあって涙を流したこともあったけれど、1つ1つ乗り越えることで成長できた」とこれまでを振り返り、感慨深い表情を浮かべた。

長崎商はすでにコースの下見を終えている。「毎年、テレビで見ていたコースだが、実際に走ると見た感じとはかなり違った。本番をイメージしながら走った。この1年間は駅伝を想定してロード走を増やし、ロードでの距離感覚を養ってきた」と田中さんは準備万端であることを強調した。昨年は県代表の諫早が10位(1時間09分36秒)に入った。長崎商には、今年の都道府県対抗女子駅伝4区で区間新記録樹立、アジアクロスカントリー選手権(ジュニア6㌔)銀メダルの廣中さんという絶対的なエースがいるだけに、昨年の諫早以上の成績も期待される。だが田中さんは「全国にはすごいチームがたくさんあるので、あくまでもチャレンジャーの気持ち。璃梨佳ならトップでタスキをつないでくれると信じているが、順位は気にしないで、県大会で出した1時間10分11秒を少しでも縮めて、1時間09分台を出すことがまず目標になる。私も最後まであきらめない自分の走りを追求したい。壱岐の人たちにも見てもらいたい」と他チームに左右されない自分たちの走りに徹する思いを語った。

大会の模様は23日午前10時5分(スタートは10時20分)からNHK総合で全国生中継される。15歳で故郷・壱岐の親元を離れ、3年間、もがき苦しんだ田中さん。その高校生活最後の全国舞台で、集大成の走りを見せる。

関連記事

  1. 5種目で大会新記録 壱岐の島新春マラソン
  2. 福原(郷ノ浦)が2冠 県中総体陸上競技
  3. 女子勝本が後半に逆転。男子石田は9年ぶり優勝。市中体連 駅伝大会…
  4. 芦辺中はふれあい広場に新設へ 検討委員会が報告書を提出 教育委員…
  5. IKIな雰囲気 壱岐焼酎ひろば
  6. 高校総体陸上2冠へ。松下翔紀(壱岐商3年)
  7. 団体戦はモンキーロック郷ノ浦 一支國幼児相撲大会
  8. 第1回人口減少対策会議 政策企画課に事務局設置

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP