© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20166/21

泥だらけでも笑顔と白い歯 霞翠小どろリンピック

霞翠小学校(豊島主博校長、91人)の恒例行事、第15回どろリンピックが2日、同校前の田んぼ(豊永百合夫さん所有)で、4~6年生44人が参加して行われた。
水田で泥にまみれて遊ぶことを通して、自然の大切さを学び、“霞翠っ子”としてたくましく育ち、稲作への関心を高めることが目的。昨年は雨と気温15℃を下回る寒さで震えている子どもが多かったが、今年は快晴で気温も22℃まで上がり、田んぼの中は子どもたちの笑顔であふれた。保護者らは校庭で大量の湯を沸かすなど、裏方として大会をサポートした。
豊島校長は「2か月後のリオ・オリンピックに負けない熱気を、田んぼの神様に見せてください」と子どもたちを激励した。
競技は23人の5年生が発案、準備した「田んぼペットボトル」「障害物競走」「なんでも引き」「リレー」の4種目。田んぼに埋まったペットボトルを拾い、その中に入れられた点数を競う「田んぼペットボトル」では、ちゅうちょすることなく頭からダイビングしてペットボトルの争奪戦を展開。障害物競走でも泥の中を泳ぐように網くぐりなどを行った。
もっとも泥んこになった子どもに贈る「どろんこ大賞」は、真辺和音(なお)さん(5年)と立石颯生(さつき)さん(5年)の2人が選ばれた。真辺さんは「5年生で準備が大変だったけれど、うまく開催できて良かった。網くぐりが意外に難しくて、楽しかった」と笑顔を見せた。頭から泥だらけになった立石さんは「気持いい!!」と震えながらも強気のコメントでどろんこ大賞らしさを見せた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る