地域情報

海難救助を体験 八幡小で安全教室

壱岐海上保安署(橋本雄二署長)は15日、八幡小学校安全教室を八幡浦漁港で行い、同校(三根圭子校長、54人)の全校児童、保護者、教職員らが参加した。
同署職員が実際に海に飛び込み、おぼれている人を見つけた場合にどのような救助方法が適切なのか、実演を交えながら指導。「一人で助けに行くと、どんなに泳ぎが得意な大人でも、一緒におぼれてしまう。港には浮き輪が備え付けてあるので、まずはそれを投げてあげる。浮き輪がない場合は、ペットボトルやランドセルも浮く。それから『助けて!!」と大きな声を上げて、大人を呼びに行く。意識のない人を引き上げるのには大人5人くらいでなければできない。近くに人がいなかったら118番に電話をする」などを教わった。
出口梨湖さん(6年)は「夏休みに海に行くことも多いので、自分の命は自分で守ること、ひとの命は浮き輪やペットボトルを使う正しい方法で助ける。AIDや救命胴衣の使い方もとても勉強になりました」と話した。

八幡小安全教室(浮き輪でおぼれている人を助ける児童ら)

 

関連記事

  1. 壱岐にはとびきり綺麗な砂浜があるんだね。
  2. 警察業務に関心 中学生が職場体験
  3. 無人島・妻ヶ島が蘇る。サバイバルキャンプの聖地へ。8月から利用開…
  4. 人口2万7103人 5年で2274人減少
  5. 九州政財界トップが集結。長崎IRを九州一体で支援。九州知事会議・…
  6. ひょうたん形土器を比較展示 一支国博物館常設展示室
  7. 壱岐、対馬周辺海域 洋上発電で現地調査へ。
  8. 7候補地を三段階で評価 壱岐振興局との共同化も検討 市庁舎建設検…

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP