© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20162/23

社説・ウルトラマラソンに万全な準備を

10月2日開催予定の壱岐ウルトラマラソン大会が、実施へ向けて動き出した。大会委員会、実行委員会も正式にスタートした。
海が望める景色、信号がほとんどなく、幹線道路以外は交通量が少ない壱岐島は、陸上ロードレースに向いている。壱岐商高陸上部が全国高校女子駅伝に4年連続出場。それがきっかけに漫画「奈緒子」のモデルとなり、映画化もされた。市民も陸上競技に親しみがあり、小・中学校や地域の駅伝大会も盛り上がりを見せている。
1月の壱岐の島新春マラソン大会に来島した五輪ランナー弘山晴美さんも「島のほとんどの子どもが走っているのではないかと思うほど。こんな大会は見たことがない」と驚いていた。本市には大きな大会を開く下地は整っている。
だが残り8か月で万全な準備をするのは、とてつもなく大変だ。エイドステーションの看護スタッフ・給水所のボランティア確保、トイレやコース誘導・距離表示の整備、小学校運動会の日程調整など課題は山ほどある。プレ大会を開く時間的余裕もない。
特に「暗闇対策」は深刻で、当日の日出は午前6時17分、日没は午後6時5分。照明なしで作業ができる「市民薄明」は午前5時52分、午後6時30分。百㌔は午前5時30分スタート、最終ゴールは午後7時30分で、スタート後、ゴール前とも暗闇になる。ランナーの安全確保はもちろんのことだが、大会をテレビ、陸上雑誌などに取り上げてもらい壱岐をPRしたいと思っても、絵になるスタートとゴールが暗いとインパクトが弱い。
高い旅費とエントリー料金をかけて全国の大会に出場するランナーたちはシビアだ。大会の不備はランナー専門のネットサイトに評判が書き込まれ、翌年の大会出場者は激減する。1~2回の開催で中止に追い込まれた大会も多い。
市、観光連盟スタッフは大会準備に専従させ、旅費の補助や参加費軽減など思い切った予算の使い方をしないと、かえって壱岐の評判を落とす結果になりかねない。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る