地域情報

凧づくりに30人参加 絵具で塗り絵

原の辻一支国王都復元公園のイベント、凧づくりワークショップが13日、原の辻ガイダンスで開かれ、幼児、小学生とその保護者ら30人が参加した。
原の辻マスコットキャラクターの海人くん、はるのちゃん、原の辻遺跡から発掘された亀形飾金具の3種類の下絵が描かれた凧に、参加者は水彩絵具で思い思いの塗り絵でデザインした。凧揚げ大会は天候不良のため中止になった。
両親と参加した竹下公太さん(6、那賀幼稚園)は「亀の絵だったので、緑色に塗った。凧を飛ばせなかったのは残念だったけれど、今度みんなで飛ばしに来たい」とミドリガメを描いた凧を大切そうに持ち帰った。

 

関連記事

  1. 長島に漂着遺体 ズボンのタグにハングル表示
  2. 発掘速報展が開幕 リアルタイムに展示
  3. アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。
  4. 辰ノ島がランクダウン 海水浴場水質調査
  5. コロナ検査気軽に 検査キット自販機設置
  6. アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。
  7. 1620点が展示 石田町老連作品展
  8. 県の国境離島交付金事業費、総額54億9千万円を計画。雇用拡充策に…

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP