地域情報

凧づくりに30人参加 絵具で塗り絵

原の辻一支国王都復元公園のイベント、凧づくりワークショップが13日、原の辻ガイダンスで開かれ、幼児、小学生とその保護者ら30人が参加した。
原の辻マスコットキャラクターの海人くん、はるのちゃん、原の辻遺跡から発掘された亀形飾金具の3種類の下絵が描かれた凧に、参加者は水彩絵具で思い思いの塗り絵でデザインした。凧揚げ大会は天候不良のため中止になった。
両親と参加した竹下公太さん(6、那賀幼稚園)は「亀の絵だったので、緑色に塗った。凧を飛ばせなかったのは残念だったけれど、今度みんなで飛ばしに来たい」とミドリガメを描いた凧を大切そうに持ち帰った。

 

関連記事

  1. 号外!壱岐市長に白川さん 三つ巴を制し3選を果たす 8266票獲…
  2. ランドセルカバー。商工会青年部が贈呈。
  3. ボート下條雄太郎選手が寄付 出身の壱岐高と勝本中野球部に
  4. 愛称「壱岐の島ホール」 命名権採用通知書を交付
  5. 1~3月期8・3%減 長崎県観光動向調査壱岐ブロック
  6. 婚活イベント「ミライカレッジ壱岐」が本格始動 11月14・15日…
  7. 辰ノ島遊覧に新船 市議会11月会議
  8. 命名「はじめ」「あお」 イルカパークのオス2頭

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP