© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201512/5

陸上競技6種目で優勝 第66回県民体育大会

第66回県民体育大会が11月14、15日に佐世保市総合グラウンド陸上競技場などで行われ、壱岐はソフトボール実年男子、バレーボール壮年男子で準優勝、柔道一般、空手団体組手で3位となった。
陸上競技では男子30歳未満四百㍍の植田翔吾など個人6種目で優勝した。
【ソフトボール】▽一般男子 1回戦敗退▽一般女子 1回戦敗退▽壮年男子 ベスト8▽実年男子 準優勝
【バレーボール】▽一般男子 1回戦敗退▽一般女子 ベスト8▽壮年男子 準優勝
【サッカー】▽一般 ベスト8▽30歳以上 1回戦敗退
【バスケットボール】▽一般女子 1回戦敗退
【剣道】▽成年の部 1回戦敗退▽青年の部 1回戦敗退
【バドミントン】▽成年男子 予選リーグ敗退▽成年女子 予選リーグ敗退
【柔道】▽一般 3位
【ソフトテニス】▽成年男子B 予選リーグ敗退▽成年女子B 予選リーグ敗退▽成年Ⅱ部A 予選リーグ敗退
【テニス】▽男子の部 1回戦敗退▽女子の部 1回戦敗退
【野球】▽一般 1回戦敗退
【卓球】▽一般男子 予選リーグ敗退▽壮年男子 予選リーグ敗退▽一般女子 予選リーグ敗退▽壮年女子 予選リーグ敗退
【ゲートボール】予選リーグ敗退
【空手】▽団体組手 3位
【陸上男子決勝】▽30~39歳百㍍ ⑦黒木泰幸11秒89▽40~44歳百㍍ ③立石裕司12秒30▽30歳未満四百㍍ ①植田翔吾50秒31▽30~39歳四百㍍ ③塚本浩一郎53秒84⑦岩本圭助58秒91▽30歳未満千五百㍍ ③樋口貴英4分14秒43⑬新原祐太4分54秒06▽30~39歳五千㍍ ⑦竹藤智弘17分11秒78▽45~49歳五千㍍ ⑤柴田正彦18分18秒01▽年齢別4×百㍍リレー ④壱岐(吉永典彦、立石裕司、黒木泰幸、川上修平)48秒12▽30歳未満やり投げ ②赤木勇介50㍍84⑩豊永卓哉41㍍68▽30~39歳やり投げ ⑦安永克治33㍍92▽30歳未満砲丸投げ ⑤赤木勇介9㍍49▽40~44歳砲丸投げ ③竹藤浩史8㍍13▽30歳未満走り高跳び ①高比良大樹1㍍80⑦奥村健司1㍍55▽30歳未満走り幅跳び ②奥村健司6㍍88▽40~44歳走り幅跳び ①松本隆之5㍍65⑥竹藤浩史5㍍09
【陸上女子決勝】▽30歳未満百㍍ ①白川裟織13秒61⑤里村治美16秒56▽30~39歳八百㍍ ①松山晃子2分36秒74②山本みのり2分38秒75▽30~39歳三千㍍ ②松山晃子11分39秒45▽50歳以上三千㍍ ①丸米信子13分52秒58▽共通4×百㍍リレー ④壱岐(里村治美、松山晃子、山本みのり、白川裟織)56秒75

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20195/17

盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。

少年軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県予選が3~5日、大村市野球場などで行われ、壱岐市代表として出場した…

20195/17

5G時代見越した政策を。

4月22日に東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で起こったNTT東日本の海底ケーブル断線事故は、全国ニュースで大きく報じられることはな…

20195/17

女子バスケットのトップチーム「三菱電機コアラーズ」が壱岐合宿。

バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)で2018~19シーズンの準優勝チーム「三菱電機コアラーズ」の選手10人、スタッフ8人が12日から…

20195/10

ゴルフ場恒例の一般開放。令和初日の出は観られず。

異例の10連休となった今年のゴールデンウィークは、前半は天気がぐずつき、4月30日の平成最後の夕陽、5月1日の令和の初日の出観望は雲に覆われ…

20195/10

令和の目標はSDGs。

令和の新時代を迎えた。様々な問題を抱える日本の今後にとって、新時代の幕開けは打開のきっかけづくりになる。 北海道夕張市が財政破綻し、財…

ページ上部へ戻る