スポーツ

2時間26分の死闘、勝本準優勝 玄界灘親善少年軟式野球大会

第12回壱岐市長旗争奪玄界灘親善少年軟式野球大会が11月21日から23日まで、芦辺ふれあいグラウンドなどで行われ、佐賀県、福岡県、島内から各7チームの計21チームが出場した。
決勝は勝本少年野球クラブと少年野球平尾クラブ(福岡)の対戦。勝本・坂口、平尾・木口両投手の好投で1‐1のまま延長に入ったが、8、9回とも両チーム無得点。延長10回からタイブレーク(無死満塁からスタート)に突入し、10回は両チーム1得点ずつで、さらに延長が続いた。
11回表、平尾は遊ゴロ、中前安打、二ゴロと当たりの緩いゴロで3得点を挙げた。11回裏、勝本は先頭の坂本が三遊間を抜き1点を返したが、続く川上が浅い右飛でタッチアップできず、山口は右邪飛、小松は三振。勝本は3‐5で敗れ、準優勝に終わった。試合時間2時間26分の大熱戦だった。
勝本・大久保雄三監督(32)は「こんなに熱い試合は初めてだった。優勝には一歩足りなかったが、たった1人の6年生の女子キャプテン・坂本が、本当によくチームをまとめてくれた。11回にはタイムリーも放ったし、3番打者、守りの要のセカンドとしてもよくやってくれた」と坂本菖(あやめ)主将(6年)の功績を称えた。
坂本主将は「決勝で負けたのは残念だったが、準優勝という結果は嬉しい。延長11回まで、チームがひとつになって力を出すことができた」と胸を張った。坂本は中学進学後はソフトボール部でこの経験を活かしていく。
3位決定戦は石田少年野球クラブが2‐1で呼子シールス(佐賀)を下した。
【成績】▽1回戦 西唐津6‐1博多の森、三輪8‐3相知、鏡7‐0志免、桂川8‐1佐志、鬼塚8‐7宇美
▽2回戦 西唐津2‐0田河、那賀2‐1鏡、桂川5‐2盈科、呼子8‐1霞翠、七隈2‐1鬼塚、勝本4‐1湊、石田2‐0三輪、平尾3‐2鯨伏
▽3回戦 石田3‐0西唐津、平尾5‐1那賀、呼子2‐1桂川、勝本3‐1七隈
▽準決勝 平尾6‐3石田、勝本5‐4呼子
▽3位決定戦 石田2‐1呼子
▽決勝
平尾00100000013-5
勝本01000000011-3

関連記事

  1. 九州プロレス見参 志原地区納涼祭
  2. 雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。
  3. 里吉漣が最優秀選手賞。全壱岐少年少女空手道大会。
  4. 石田少年クラブが団体優勝 唐津飛翔旗少年剣道大会
  5. 岩本圭助さんがファミリーの部2冠 島外から415人出走
  6. 長岡美桜 (郷ノ浦)全国大会へ U‐16ジャベリックスロー
  7. 壱岐のギネス記録がピンチ!!
  8. 武原由里子さんが講演 父母と教職員の会

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP