© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/19

光モノが大好きな大型新人 ケーブルテレビ・田代梓奈さん

1月から市ケーブルテレビのアナウンサーとなった田代梓奈さん(23)。担当の「今日もキバッチ!!」「お買い得情報」で、はつらつとした姿が視聴者を楽しませている。
福岡県飯塚市生まれ。大阪・摂南大学外国語学部を卒業し、福岡のアナウンススクールに通っている時に壱岐での仕事を紹介された。「高校を卒業した時からアナウンサーになりたいと思っていたので、迷わず決めました」。
壱岐は就職して初めて訪れたが「みんな温かく迎え入れてくれて、スーパーで買い物をしていると声を掛けてくれる。寂しさはまったくありません。人との関わりが好きなので、いろいろな人と出会えるこの仕事は大好きです」。人のぬくもりを求めて、仕事帰りには一人で居酒屋に立ち寄ることも。
〝光モノ”が大好き。宝石でも、青魚でもない。「壱岐に来てまず感動したのが満天の星空。まるで落ちてきそう。こんなに沢山の星を見たのは生まれて初めてでした。それからイカ漁の漁火、ホタル。壱岐は光モノ天国です」。
身長170・9㌢と大柄なためか「みんなに〝豪快”と言われる。自覚はないのですが、笑い声も豪快でうるさいみたい」。中学、高校は陸上部のマネージャーを務めていてスポーツ好き。アビスパ福岡のサポーターもしていた。「いつかスポーツ番組のアナウンスをしてみたいな」とアピールしている。元陸上部だった後藤麻希子アナウンサーとともに、スポーツ好きで豪快に笑う2人が、テレビから壱岐を明るくしている。

田代アナ(1日海上保安官を務めた田代アナ)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る