スポーツ

郷ノ浦は予選敗退 九州中学相撲競技

九州中学校体育大会の相撲競技が6日、宮崎県のKIRISHIMAツワブキ武道館相撲場で行われ、長崎県大会団体戦で準優勝した郷ノ浦(長戸恒竜、松原正人、吉川純平、中山聖崇、野本穂)は、予選リーグで亀津(鹿児島2位)に0‐3、三隈(大分1位)に0‐3、鶴城(熊本1位)に0‐3と3連敗を喫し、決勝トーナメントに進出できなかった。
県大会4位で個人戦でも出場した長戸恒竜(郷ノ浦3年)も、予選リーグ0勝3敗で、決勝に進めなかった。

 

関連記事

  1. シード校相手に大健闘 悔いなき両校ナイン
  2. 5年間で実質13人削減 市定員適正化計画
  3. いよいよ国体開幕 自転車ロードに188選手
  4. ウニキャラの名前変更
  5. 初練習に48人 Jrランナーズ
  6. 菜の花畑が満開 着実に春が近付く
  7. SG制覇へ向け地元壮行会 ボートレース・下條雄太郎
  8. 若手医師育成施設 市民病院に併設

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP