スポーツ

郷ノ浦は予選敗退 九州中学相撲競技

九州中学校体育大会の相撲競技が6日、宮崎県のKIRISHIMAツワブキ武道館相撲場で行われ、長崎県大会団体戦で準優勝した郷ノ浦(長戸恒竜、松原正人、吉川純平、中山聖崇、野本穂)は、予選リーグで亀津(鹿児島2位)に0‐3、三隈(大分1位)に0‐3、鶴城(熊本1位)に0‐3と3連敗を喫し、決勝トーナメントに進出できなかった。
県大会4位で個人戦でも出場した長戸恒竜(郷ノ浦3年)も、予選リーグ0勝3敗で、決勝に進めなかった。

 

関連記事

  1. 県中学総体 主な成績
  2. 5年間で実質13人削減 市定員適正化計画
  3. 串山海岸で開催 辰ノ島フェスタ
  4. 山口幹雄賞は吉岡博子さん 第58回市美術展覧会
  5. 国境離島新法とは
  6. 新庁舎建設を断念
  7. 川下さんが聖火ランナー。1.8㌔を8人でリレー。
  8. 髙野颯波が甲子園デビュー 社相手に2回零封の好救援

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP