地域情報

改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。

NPO法人一支國研究会は、原の辻遺跡王都復元公園の復元建物の屋根に使う茅(かや)を栽培し、本年度初めて本格的に収穫した。

同復元公園は現在、NPOが管理している。以前、改修を業者に委託していた時は、熊本県阿蘇産の茅を使っていたが、費用を抑えるため、NPOが自前で栽培することにした。

茅の栽培は、同公園近くの約30㌃で実施。5年前から土づくりや種まきから研究し、現在は2年前に植えたものが、大人の背丈ほどに伸びた。すでに一部は刈り取り倉庫で保管している。

現在の栽培量で、復元建物のおおむね1棟分を賄え、足りない分は島内に自生している茅を土地所有者に了解を得て刈り取って使っている。今後、作付面積を拡大する方針という。

同NPOの屋根師、富山龍一さん(44)は「壱岐で育ち気候に合うもので、いいと思う。地産地消ですね」と話した。

関連記事

  1. オリーブたわわに実る。収穫体験楽しむ。
  2. 5百個のキャンドルで偲ぶ 郷ノ浦精霊流しに540人
  3. 住民の魅力を取材。「壱州人辞典」協力隊が企画。
  4. 瓦質土器に「周」の線刻。カラカミ遺跡で国内初発見。
  5. 市議会定例会5月会議 耐震工事は合併特例債期限内に完了目指す
  6. コスプレ聖地・壱岐を宣伝。台湾コミックマーケット
  7. 壱岐の重文3宝が揃い踏み 人面石・亀形飾金具・二彩陶器
  8. カエルの生態学ぶ。“カエル先生”松尾教授。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP