© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20157/14

販売は計画比107% 第50回JA通常総代会

JA壱岐市(川﨑裕司組合長)の第50回通常総代会が6月26日、壱岐文化ホールで行われ、総代定数500人のうち451人が出席(本人出席364人)し、平成27年度事業計画案など9議案を可決、TPP及び農協改革に関する特別決議を行った。
販売事業の26年度実績は約55億1673万円で、前年度比約1億5千万円増、計画対比107・69%と好調に推移した。
畜産部門は、7千頭早期回復に向けた増頭対策などの取り組みにより、繁殖雌牛頭数の減少は62頭にとどまり、5854頭となった。子牛の平均価格は約58万2千円で、計画より12万2千円の高値販売。販売頭数は4400頭の計画に対し4207頭(95・6%)、販売金額は20億2400万円の計画に対し24億4817万円(121・0%)となった。
農産園芸部門の主食用米は、温暖化に対応し高温耐性のある品種として「にこまる」に加え「つや姫」の普及を進め、つや姫の集荷実績は昨年度より約5千袋(30㌔/袋)3万1049袋となった。
川﨑組合長は「繁殖牛増頭のためにはJAの繁殖支援センターを拡充する必要がある。米作は厳しい経営状況が続いている。国の補助を受けるためには集団化が必要だ。8月21日の全国つや姫サミットを有意義な大会にしたい。今年度は四季菜館、壱番館の整理・拡充が課題となる」などと農業課題について挨拶した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る