地域情報

新規品目「ながさき黄金」 1億円産地目指す

JA壱岐市が振興を図っているジャガイモ「ながさき黄金(こがね)」の収穫祭が14日、石田町池田西触の農事組合法人「五月」の圃場であり、関係者で収穫を祝った。
ながさき黄金は、2017年に県農林技術開発センターで育成された品種で、「インカのめざめ」の特性を引き継ぎ、鮮やかな黄色や甘みのもととなるデンプンの割合が高いのが特徴という。
同JAは第9次営農振興計画を策定して、1品目1億円の産地づくりを目指しており、本年秋作からながさき黄金を栽培。現在2法人、1個人が計50㌃で栽培している。今後、色や甘みなどの基準を設けて、一定以上の品質のものを「壱岐黄金」としてブランド化していく方針。
収穫祭では、川﨑裕司組合長が「若者が希望を持ち活き活きと豊かな生活を営むことができる農業を目指し、一億円産地を確立することを宣言します」と一億円産地宣言を行った後、関係者でながさき黄金を収穫した。
同JAの営農指導員、渡邉茂さん(47)は「天候にも恵まれ、大きな玉ができたと思う。少しずつでも認知度が上がっていけばと思う。病気にも強く、低農薬で作っていけるだろうと取り組んでおり、ブランド化に繋げていきたい」と話した。

関連記事

  1. 産卵期の漁獲制限を!! マグロ資源を考える会
  2. 壱岐ゆかりの芸術家たち展 19日まで一支国博物館で開催 
  3. 児童が一般質問 盈科小模擬議会
  4. 福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客に…
  5. ICTモデル事業 三島地区でスタート
  6. 創立40周年記念音楽会を開催 壱岐中央ロータリークラブ
  7. 地域おこし協力隊が活動報告 任期満了後4人とも壱岐に定住
  8. 販売実績初の60憶円突破 JA壱岐市総代会

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP