地域情報

新規品目「ながさき黄金」 1億円産地目指す

JA壱岐市が振興を図っているジャガイモ「ながさき黄金(こがね)」の収穫祭が14日、石田町池田西触の農事組合法人「五月」の圃場であり、関係者で収穫を祝った。
ながさき黄金は、2017年に県農林技術開発センターで育成された品種で、「インカのめざめ」の特性を引き継ぎ、鮮やかな黄色や甘みのもととなるデンプンの割合が高いのが特徴という。
同JAは第9次営農振興計画を策定して、1品目1億円の産地づくりを目指しており、本年秋作からながさき黄金を栽培。現在2法人、1個人が計50㌃で栽培している。今後、色や甘みなどの基準を設けて、一定以上の品質のものを「壱岐黄金」としてブランド化していく方針。
収穫祭では、川﨑裕司組合長が「若者が希望を持ち活き活きと豊かな生活を営むことができる農業を目指し、一億円産地を確立することを宣言します」と一億円産地宣言を行った後、関係者でながさき黄金を収穫した。
同JAの営農指導員、渡邉茂さん(47)は「天候にも恵まれ、大きな玉ができたと思う。少しずつでも認知度が上がっていけばと思う。病気にも強く、低農薬で作っていけるだろうと取り組んでおり、ブランド化に繋げていきたい」と話した。

関連記事

  1. 「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。
  2. 湯ノ本温泉・平山旅館が日本秘湯を守る会に加盟
  3. 小・中学校が7日再開。田河小で1年生歓迎集会。4月21日以来の登…
  4. ウニキャラの名前変更
  5. ボート下條雄太郎選手が寄付 出身の壱岐高と勝本中野球部に
  6. 3万個のイルミネーション。旧初山中で1月4日まで点灯。
  7. 中学生が質問・提言 市子ども議会
  8. 「ココヤシの唄」上演 劇団「未来座・壱岐」

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP