友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

長崎版画を体験 歴文移動博物館

移動博物館(江戸時代の壱岐の地図)

長崎歴史文化博物館の移動博物館「長崎れきぶんがやってきた!」が8、9日に一支国博物館で開催された。
多目的交流室では、江戸時代に海外への窓口として多くの交流を繰り広げてきた長崎と壱岐について、歴史文化博物館が所蔵する蒙古襲来絵図、長崎版画などの資料やパネルの展示、江戸時代に来日した朝鮮通信使の足取りを追った仁位孝雄さんの写真展などが行われた。
観客が足を止めて見入っていたのは、江戸~明治時代に描かれた壱岐の地図。正保(1645~48年)年中、将軍徳川家光に献上された「壱岐国絵図」には、小島や岩礁の詳細な情報、港と他の都市を結ぶ航路、島内の道路、地区ごとの石高などが書き込まれており「現代の地図より詳しい」「道路がいまとほとんど同じなのには驚いた」などの声が上っていた。
体験交流室では午前、午後の2回、「ながさき版画体験」ワークショップが実施され、各回とも20人の親子連れなどが参加。代表作である「唐船図」、「ヲロシャ人」の4色版画を刷った。芦辺町の中村由加里さん(32)、愛里さん(4)親子は、由加里さんが版木をしっかりと押さえながら愛里さんが顔彩を塗っていく共同作業で、2枚の長崎版画を完成させた。由加里さんは「色版画は初めてで、良い経験ができました」と親子でのひと時を楽しんだ。愛里さんは「王子様の部屋に飾るの」と家で“王子様”と呼んでいる大好きな祖父へのプレゼントにするために、作品を大切そうに持ち帰った。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20214/5

風舞組が休館前最後の演奏。勝本・西部開発総合センター。

3月末で休館が決まった勝本町の西部開発総合センターのホールで、同所を活動拠点としていた壱州太鼓演奏集団の風舞組(中上良二代表、12人)が3月…

20214/5

椎の木からサクラ。鳥が実を運び成長。

3月下旬から市内各所でサクラが満開を迎えたが、旧沼津中学校近くの民家には、椎の木の先端から生えたサクラがあり、道行く人を楽しませている。 …

20214/5

原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。

県内唯一のクラフトビール醸造所、原田酒造(原田知征代表取締役)の「アイランドブリュワワリー」は3月24日から仕込みを始めた。今後、週1回のペ…

20213/29

成人の誓い新たに。市成人式199人出席。

新型コロナの感染拡大で1月10日から延期となっていた令和3年市成人式が20日、壱岐の島ホールであり、新成人199人(男91人、女108人)が…

ページ上部へ戻る