© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

長崎版画を体験 歴文移動博物館

移動博物館(江戸時代の壱岐の地図)

長崎歴史文化博物館の移動博物館「長崎れきぶんがやってきた!」が8、9日に一支国博物館で開催された。
多目的交流室では、江戸時代に海外への窓口として多くの交流を繰り広げてきた長崎と壱岐について、歴史文化博物館が所蔵する蒙古襲来絵図、長崎版画などの資料やパネルの展示、江戸時代に来日した朝鮮通信使の足取りを追った仁位孝雄さんの写真展などが行われた。
観客が足を止めて見入っていたのは、江戸~明治時代に描かれた壱岐の地図。正保(1645~48年)年中、将軍徳川家光に献上された「壱岐国絵図」には、小島や岩礁の詳細な情報、港と他の都市を結ぶ航路、島内の道路、地区ごとの石高などが書き込まれており「現代の地図より詳しい」「道路がいまとほとんど同じなのには驚いた」などの声が上っていた。
体験交流室では午前、午後の2回、「ながさき版画体験」ワークショップが実施され、各回とも20人の親子連れなどが参加。代表作である「唐船図」、「ヲロシャ人」の4色版画を刷った。芦辺町の中村由加里さん(32)、愛里さん(4)親子は、由加里さんが版木をしっかりと押さえながら愛里さんが顔彩を塗っていく共同作業で、2枚の長崎版画を完成させた。由加里さんは「色版画は初めてで、良い経験ができました」と親子でのひと時を楽しんだ。愛里さんは「王子様の部屋に飾るの」と家で“王子様”と呼んでいる大好きな祖父へのプレゼントにするために、作品を大切そうに持ち帰った。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る