地域情報

春に誘うロウバイの花。郷ノ浦町の民家で満開。

全国的に気候変動が激しい1月。壱岐空港測候所のデータでは、8日は最低気温マイナス3・8度(1月観測史上低い方から6位)、最高気温は0・5度(同3位)、平均気温マイナス1・7℃の厳しい寒さだったが、1週間後の15日は一転して最高気温16・9℃(同高い方から4位)、平均気温は13・2℃まで上がった。

まるで春の陽気を感じさせた16日、郷ノ浦町の民家の庭で蝋梅(ロウバイ)の黄色い花が満開を迎えていた。花弁が半透明でツヤがあるため「蝋細工」のように見え、旧暦12月(2021年は1月3~31日)の「臘月(ろうげつ)」に花を咲かすことから「ロウバイ」と名付けられた中国原産の落葉樹。華やかな香りが春に誘っているかのようだった。

関連記事

  1. 人命救助で3人を表彰 海転落の男性引き揚げる
  2. 総会に170人参加 東海壱岐の会
  3. 犬、猫の殺処分ゼロ目指し 有志が団体設立
  4. 旧箱崎中に障害者支援施設 平成29年4月事業開始
  5. 壱岐単独のガイドブック発行 「地球の歩き方JAPAN 島旅06 …
  6. ゆずボ~ロ 24、25日に四季菜館で試食販売
  7. 湯ノ本温泉・平山旅館が日本秘湯を守る会に加盟
  8. NHKラジオ公開収録 橋幸夫、門倉有希が出演

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP