地域情報

先輩は救命救急医 渡良小卒業生が講義

渡良小(救命救急の講義を行った下条医師)

様々な分野で活躍している卒業生の話を聞く「渡良小学校版~ようこそ先輩」が10日、同校(中上一義校長、76人)で行われ、久留米大学病院高度救命救急センターで医師として活躍している下条芳秀さん(36)が全校児童に講義を行った。
下条さんは「渡良小時代はソフトボールの投手で、運動ばかりしていた。救命医、外科の手術というとすごく器用に思われるけれど、実際は不器用。投手が“打たれないかな、怖いな”と思っているのと同じで、失敗しないかといつも不安に思っている。でも、これも投手と同じで、最後は判断力、決断力なのです」と救命医の内面を判りやすく紹介した。
「仕事中は、この患者さんが祖父、祖母だったら、と考えています。みんながいるからいまの自分がある、という感謝の気持ちを忘れずに、患者さんに敬意を払う。そうすると患者さんにも気持ちが通じる。みんなにも周りの人に、感謝の気持ちを持っていてもらいたい」。
「小学校の時は、サラリーマンになって貯金をして、47歳で社長になって、定年後は安定した暮らしをしたいと文集に書いていた。でも高校2年の時、隣に住む1人暮らしのおばあちゃんが入院して“僕が付いていてあげられれば2人になれる”と思って、医師を目指すことにしました。将来の夢を見る時は、単に“○○になりたい”ではなく、“○○になって誰かを喜ばせたい”と思うようにして欲しい」。
「夢を叶えるためには、前向きな行動、他人のせいにしないで全ての解決は自分にあると思うこと、夢をあきらめないことが大切」などと生き方について熱く語った。
下条さんと同じくソフトボール部で投手をしている日高真樹さん(6年)は「僕も下条先生のように、夢を叶えたいと思いました。僕の夢はプロテニスプレーヤーになって、日本中の人たちを喜ばせたいことです」と先輩に負けない大きな夢を語った。

 

関連記事

  1. 渡良Aが2年連続3度目の優勝。盈科Aとのデッドヒートを制す。
  2. 竹下が27年ぶり大会新で優勝 福原も九州大会出場決める
  3. 3千人大観衆が「どっちも頑張れ」 鯨伏Aが1秒差で盈科A破る 小…
  4. チューリップ満開 壮観1万5千本
  5. 中国語コンテストで4人入賞 壱岐高の離島留学生
  6. 浦上啓芯が最優秀 少年少女空手道大会
  7. 壱岐高生徒グループが優秀賞。全国高校生歴史フォーラム。
  8. 辰ノ島に8百人 タツノオトシゴ発見

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP