© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/13

燃油サーチャージ無料・記者の目

観光シーズンの8月に燃油サーチャージ加算がなくなることは、壱岐観光にとって大きな武器となる。だが、いまのところ、観光業界に具体的な動きが見えていない。
5月から1ゾーンとなったことで、博多からのジェットフォイル往復は往復1700円も安くなっているのに、それを売り込むような情報は市や観光連盟ホームページに一切掲載されていない。
現在、市観光連盟ホームページに掲載されているツアー「いきいきフリープラン」は、4月1日から10月31日までの旅行期間のため、5月からの航路料金も、8月からの料金も、まったく反映されていない価格で募集されている。利用者にとってチャージ値下げの恩恵がまったく受けられていない。
6月6日には福岡ヤフオクドームでAKB総選挙が開催され、福岡市内、近郊のホテルは、カプセルも含めて満室となった。6日の総選挙と7日の後夜祭の2日間を鑑賞したいファンは、宿探しに苦心していた。そんな時に、6日の深夜フェリーで壱岐に来てもらい、半日間を過ごして、再び7日に福岡へ向かうプランを提供していたら、ファンも助かったのではないだろうか。福岡市内での宿泊料金を考えれば、フェリーでの壱岐往復は決して無謀な計画ではない。情報提供と仮眠所などの受け入れ態勢が整っていれば、来島客を呼び込むチャンスでもあったはずだ。
燃油サーチャージが低廉化されても、何もしなければ何も起こらない。いかに情報発信をしていくかが、壱岐市の今後の観光を左右することになる。
(高瀬 正俊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る