地域情報

アイガモ放鳥 さなぶりの祭り

さなぶり(アイガモを放す子どもたち)原の辻一支国王都復元公園の古代米作りイベントとして6月21日、原の辻ガイダンスで「さなぶりの祭り」が行われ、一支國研究会サポーターらが古代米の豊穣を祈願した。
「さなぶり」は田植えが無事に終了したことに感謝する伝統行事で「田の神が天に昇る」という意味。ガイダンス室内に設置された神殿で壱岐神楽保存会による「豊年の舞」が奉納され、弥生時代の衣装を着た来賓らが参加者に餅や菓子をまいた。また壱岐市ヘルスメイトが米粉で手作りした「田植えだご」が振る舞われた。
神事後は古代米の田んぼに子どもたちが、雑草や害虫を食べてくれるアイガモのヒナ20羽を放鳥した。さなぶり(田んぼの番人)a さなぶり(弥生時代の衣装で餅まき)a

関連記事

  1. マグロに合う本格麦焼酎。玄海酒造「TUNACHU」。
  2. 浴衣姿で出迎え 博物館アテンダント
  3. 入賞2人、入選3人 第60回記念県展
  4. 壱岐ウルトラマラソン実施へ 10月2日開催、千人参加予定
  5. 白川市長が初登庁 訓示で市職員にげき
  6. 初のSG「笹川賞」出場が決定 ボートレーサー・下條雄太郎
  7. 平均57万3427円 6月子牛市も高値
  8. 上空30㍍から吊り上げ 防災ヘリで救助訓練

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP