© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20155/4

県ねんりんピック 市選手団は85人

第12回県ねんりんピックに出場する壱岐市選手団の結団式・壮行会が4月20日、大谷体育館で行われた。
スポーツ交流選手団は計85人で、選手・役員は81人、福祉事務所関係者4人。10種目に出場する(別に、文化交流の囲碁に4人出場)。ボウリングを除く大会は9日から長崎市総合運動公園を主会場に行われる。
女子マラソンで毎回好成績を上げている勝本町の松山サチ子さん(69)は「毎日5~10㌔のランニングを続けている。年々若い人が増えてきて大変だが、来年の全国大会は地元・長崎での開催なので、そこにつなげられるような走りをしたい」と意気込みを語った。
山本義人団長は「白川市長さん、優勝して帰ってくるので、祝勝会の準備をよろしく」と宣言し、「がんばろう」コールで士気を高めた。
【選手団】
▼わのわリング 今西國善、町田泰司、末永栄幸、松嶋幸弘、牧山健一
▼グラウンド・ゴルフ 瀬戸口征士、小山田正、立石松子、寺田甫、岩崎惠子、立石土光、倉本裕明、牧山實子、松本英光、小金丸光男、浦﨑義博、福田幹子
▼ゲートボール 森山猛、下條昇、大久保富美代、長山喜美子、品川石代、大久保秀雄、松尾久、田中登、岩永勲、平田美香子、菊地ナミ子、山口佐代子
▼ペタンク 深見郁男、平川勝利、大久保泰子、白石福義、砥綿満、今村和子、齊藤美代子、山本澄子
▼ソフトバレーボール 戎本信義、寺井一行、長島堅、和田ムツ子、戎本博子、堤あい子、村田和子、石橋トヨノ
▼ソフトテニス 百崎哲也、米倉徹、藤嶋光信、田原和雄、深見雅有、後藤義次、市岡惠子、松野幸枝、土谷悦代
▼マラソン 岳野照雄、松山康彦、松山サチ子
▼ソフトボール 立川省司、赤木勝、西口正利、富永安幸、柴山善彦、久原和秀、山口勝也、堀江不二夫、亀井幸雄、土肥恵介、久田賢一、中野勝、福原將人、鳥山正直、土肥正昭、野元勝男
▼ターゲット・バードゴルフ 米倉勉、圓田諭
▼ボウリング 浦川隆、有田延幸、江口博之

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201810/19

自動運転特区に名乗りを。

日本の株式市場で時価総額トップのトヨタ自動車と、2位のソフトバンクが自動運転やライドシェアなど次世代の移動サービス事業で手を握った。4日、豊…

201810/19

割石前団長が急きょ辞任~新消防団長に岩永章さん。若者に魅力ある消防団を目指す。

市は12日、市消防団長に岩永章元副団長(65=農業、郷ノ浦町在住)を任命し、白川博一市長が委嘱状を手渡した。11日に割石賢明団長(66)が退…

201810/12

女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会

市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子55回、女子38回)が4日、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース(1周1000㍍)の周回コース(男子6区間2…

201810/12

もしもの航路問題に備えて。

決して対岸の火事とは言えない出来事だった。上五島町の五島産業汽船が2日、全4航路で突然の運行停止となった問題だ。同社の負債総額は関連会社も含…

201810/12

イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成。再整備 も着手へ。

勝本町の壱岐イルカパークは7日、入園者100万人達成記念セレモニーを開いた。同園は平成7年4月1日にオープン。原則として年中無休で営業を続け…

ページ上部へ戻る