© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

山本啓介県議後援会が総決起大会 県議選3日告示

IMG_2277 任期満了に伴う長崎県議会議員選挙(3日告示、12日投開票)の壱岐市選挙区(定数1)に再選を目指して立候補する山本啓介氏(39=自民、現職)の後援会が3月29日、壱岐文化ホールで総決起大会を開催。約3百人が会場を埋めた。山本氏は県議1期目の4年間の成果と今後の県、壱岐市のあり方について、熱く思いを語った。壱岐市選挙区は3月31日に時点で他に立候補表明者がおらず、無投票となる公算が濃厚となっている。
山本氏は平成25年度に離島半島地域振興特別委員会委員長、文教厚生委員会副委員長を務め、26年6月からは環境生活委員長に就任。4年間で6回の一般質問を行い、「議員活動の基盤としている」(山本氏)教育問題では「離島におけるスポーツ振興」「教職員と地域のかかわり」「体罰の認識」「人材育成」などの面から知事、教育長の姿勢を問い、要望を行ってきた。
壱岐に直接関係する部分では、病院企業団議員として壱岐市民病院の県病院企業団加入に尽力。県道渡良浦初瀬線の道路整備、JA壱岐市共同乾燥調製施設整備などの活動で成果を上げた。
山本氏は「人生で出会った人たちとのパイプで、多くのことを実現してきた。“人の思い”が重要であることを痛感した4年間だった。一方で、実現できないことも多かったが、常に“何とかしたい”“他の方法はないのか”という思いを頭の中に携えている」と1期目の4年間を振り返った。
今後の方針として、国を挙げて進めている地方創生について「勝本漁協の若い漁師たちが立ち上げた“マグロ資源を考える会”の活動は、自分たちの利益を考えるのではなく、世界的なマグロ資源問題について一石を投じ、世界的な評価を受けてる。B’zライブ歓迎委員会のおもてなしは、壱岐の良いところを押し付けるのではなく、手の届くところに準備して来島者が望むものを具現化した。こちらも各方面から高い評価がされている。これこそがまさしく地方創生の心構えの一つ」と強調。
「地方創生は誰かがやるだろう、ではなくて、自分たちが物事を進める側に立ってもらいたい。若者たちが動いているのなら、いまの壱岐を作ってきた人たちにはその背中を押してもらいたい。私はその動力となって先頭に立つ覚悟をしている」と市民に意識改革を訴え、後援者とともに「頑張ろうコール」で選挙戦を戦い抜く決意を示した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

20191/4

アスパラ生産にIT導入。SDGsは壱岐の未来予想図。自動運転車ドローンも。

未来都市のタイトルは「壱岐活き対話型社会『壱岐(粋)なSociety5・0』」、モデル事業は「Industry4・0を駆使したスマート6次産…

201812/28

田中さん(長崎商)4区を疾走。全国高校女子駅伝で26位。

第30回全国高校女子駅伝(通称・都大路)が23日、京都市西京極陸上競技場発着5区間(21・0975㌔)に58チームが出場して行われ、田中亜可…

201812/28

不可解な採点が原因か。

来年4月から指定管理者が替わる市ケーブルテレビだが、その引き継ぎが難航している。現指定管理者の関西ブロードバンドと市は弁護士を通して話し合い…

ページ上部へ戻る