地域情報

総合戦略骨子案を検討 人口減少対策会議

第7回市人口減少対策会議(会長・白川博一市長)が10日、郷ノ浦庁舎で開かれ、総合戦略の骨子検討として、市民アンケートなどで寄せられた意見・提案などを4分野10プロジェクトに分類し、委員がグループ討議で意見交換を行った。
4分野は①豊かな恵みを活かし、活力溢れるまちづくり②壱岐の魅力を発信し、人が集まるまちづくり③安心・安全で住みやすい魅力溢れるまちづくり④将来を担う子どもたちを育むまちづくり。①は畜産・農業振興、壱岐焼酎ブランド化、水産業振興、新産業創出・企業誘致。②は観光振興、UIターン促進。③は交通インフラ、壱岐版CCRC(都市部の高齢者が地方に移り住み、自立した社会生活を送ることができるような地域共同体)。④は結婚・出産・子育て支援、教育のしま、の各プロジェクトから成り立っている。
各グループから出された意見として「農業は法人化、大規模化が必要」「水産業はシイラなどの雑魚や規格外魚の販路拡大、定置網の拡充」「観光はインバウンド対策として端末での音声案内を行う」「UIターンにはワンストップ窓口が有効」「航路運賃はオフシーズンの割引を九州郵船と検討」「教育は壱岐独特の手法で島留学制度を拡充させる」などが紹介された。
これらの意見に対して市職員全体で掘り下げ、事務局が9月上旬に開催される次回までに素案を作成する。

 

関連記事

  1. 羊6頭がお目見え。除草に一役。
  2. 四季菜館が新装オープン。店舗面積が3倍に拡大。
  3. 新市庁舎を建設すべき 白川市長が正式表明 市議会庁舎建設 検討特…
  4. 朝鮮人遺骨を天徳寺に移送。終戦直後の引揚船事故犠牲者、埼玉から4…
  5. 玄海酒造が36位 焼酎・泡盛売り上げ
  6. 八幡っ子がウニ割り体験 漁協が1500個用意
  7. 初出品で銀メダル獲得 重家酒造の横山五十
  8. 市商工会総代会 新会長に吉田寛氏

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP