地域情報

複業アドバイザー5人が就任 DX、ワーケーション等に助言

市は11日、連携協定を結ぶIT企業のアナザーワークス社が展開する複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」に応募のあった実証実験アドバイザー5人の就任式をオンラインで行った。

協定を結んだ昨年11月12日から2週間の応募期間に82件の応募があり、書類とオンライン面接で選考。DX推進アドバイザーに飯沼広基さん(29=東京)、ワーケーション促進アドバイザーに福田和

博さん(48=神奈川)、田代里沙さん(35=福岡)、組織運営アドバイザーに小野将大さん(38=神奈川)、植本宰由さん(33=福岡)が採用された。

5人はこの日から3月末までの3か月間、オンラインでのアドバイスを中心に壱岐市の課題解決に向けた無償サポートを行う。

白川博一市長は「行政課題は複雑多様化しており、官民の共創が必要になる。複業人材5人の皆さんの民間力を取り入れることで、柔軟な行政組織に成長していくことを期待している」と歓迎の言葉を述べた。

アナザーワークス社の大林尚朝CEOは「2週間で82件という応募者数は極めて多い。多くの人が壱岐市のプロジェクトに興味を持っている証拠だ。採用された皆さんはいずれも素晴らしい経歴で、壱岐市との間でどのようなシナジー(お互いに作用し合い効果や機能を高めること)が生まれるのか楽しみだ」と話した。

関連記事

  1. 山口常光像前で演奏会 陸自大村駐屯地音楽隊
  2. 3部門とも本市児童が最優秀。県読書感想文コンクール
  3. 離島航路の旅客は半減 九州運輸局が20年度実績発表
  4. 高校卒業生に任命 スキ・スキ応援隊
  5. Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。
  6. 最優秀賞に牧山武さん 市フォトコンテスト
  7. 来年4月から運賃低廉化。谷川、金子両議員が明言。国境離島新法報告…
  8. 漁場に大型船が錨泊。公海上で対処に苦慮。漁業者 「恐怖感ある」。…

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP