© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

山口常光像前で演奏会 陸自大村駐屯地音楽隊

自衛隊音楽隊(鯨伏小校歌を演奏する音楽隊) 陸上自衛隊大村駐屯地の第16普通科連隊音楽隊(森眞司隊長)19人による演奏会が13日、勝本・湯の本に建立されている山口常光銅像前で開かれ、鯨伏小学校(長山昇校長、81人)の全校児童、市民ら250人が観賞した。
山口常光氏(1884~1977)は鯨伏村(現在の勝本町本宮南触)生まれ。昭和17年に陸軍戸山学校軍楽隊長となる。最後の軍楽隊長として終戦を迎え、昭和23年に警視庁音楽隊を誕生させ、隊長となった。郷土壱岐への愛着も深く、壱岐高校、壱岐商業高校、旧箱崎中学校、鯨伏小学校、霞翠小学校の校歌や、壱岐郡婦人会歌、石田町歌などの作曲を行った。昭和63年にサンドーム前に銅像が建立された。
同音楽隊は、14日に一支国博物館でコンサートを行うために来島し、その前日に「この機会に、ぜひ山口先生の銅像前で演奏を行いたい」(山下竜司広報室長)と、「扶桑歌」「陸自らっぱメドレー」、子どもたちのために「ようかい体操第一」「Let it Go」、市民に親しみのある「麦の歌」「流星」など10曲を演奏。「鯨伏小学校校歌」は児童らが同隊の演奏で合唱した。
下條笑璃さん(鯨伏小6年)は「校歌が山口常光先生の作曲であることは知っていました。その銅像の前で、自衛隊音楽隊の方々の素晴らしい演奏で一緒に歌えたことは、小学校生活の思い出になりました」と話した。

自衛隊音楽隊(サンドーム前の山口常光氏銅像)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20199/20

本市出身山川さんらが指導。ブラインドサッカー教室

壱岐サッカー協会は15日、筒城ふれあい体育館で「心をつなぐスポーツのチカラ~ブラインドサッカーから学ぶコミュニケーション~」を開催。壱岐少年…

20199/20

子ども議会復活を望む。

毎年、中学校の夏休みの最後に行われていた「子ども議会」が、今年は開催されないことになった。 子ども議会は、市内4中学校の代表者各4人、…

20199/20

郷ノ浦港に立体駐車場計画、白川市長が明言。市議会一般質問

市は、壱岐の玄関口である郷ノ浦港の再整備に本格的に取り組む考えを示した。11日の市議会定例会9月会議一般質問初日に、赤木貴尚議員の質問に答え…

20199/13

4種目で大会新記録。ナイター陸上競技大会

第41回ナイター陸上競技大会(壱岐陸上競技協会主催)が7日、大谷グラウンドで開かれ、5競技27種目に延べ約9百人が出場。4種目で大会新、1種…

20199/13

切っても切れない日韓関係。

日韓の政治的対立が、様々な問題を引き起こしている。目に見える問題としては対馬市の観光客数減少が挙げられる。同市は4日、8月に対馬を訪れた韓国…

ページ上部へ戻る