スポーツ

両校とも2回戦敗退 春季高校野球県大会

第136回九州地区高等学校野球長崎県大会(春季大会)が3月25日に開幕した。
壱岐商は26日の1回戦で瓊浦と対戦。大久保、斎藤の三塁打など9安打で14点を挙げ、篠崎、安川、宮本の投手リレーで14‐4(8回コールド)の快勝発進をした。29日の2回戦は五島と対戦。7安打を放ったものの10三振と相手投手・平田を打ち崩せず、2‐4で敗退した。
壱岐は27日の諫早商戦で1回表に7得点を挙げるなど16安打22点を奪う猛打で、22‐0の5回コールド勝ちを決めた。29日の2回戦は諫早農と激しい打撃戦となり、両チームとも12安打。8‐11の9回表に2点を返して追い上げたが、あと一歩及ばず10‐11で2回戦敗退となった。
▽1回戦
壱岐商
00720005=14
01101010=4
瓊 浦
(8回コールド)

壱 岐
731200=22
00000=0
諫早商
(5回コールド)
▽2回戦
壱岐商
010000010=2
00211000X=4
五 島

壱 岐
010130302=10
50130020×=11
諫早農

関連記事

  1. ハヤブサも発見 イキハク野鳥観察会
  2. 県高校総体成績 大久保舞香が北九州大会へ
  3. 新共乾施設が完成 総工費は5億円超
  4. 7月1日一斉に乾杯 壱岐焼酎の日
  5. 市役所仕事始め式 白川市長が訓示
  6. 8~10月は値上げなし 九州郵船燃油調整金
  7. 田河小学校で運動会。全18校で無事に開催。
  8. 庁舎建設は白紙から議論 町田議長が議会方針を示す 市議会報告会

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP