地域情報

ゲンジボタルの乱舞が始まった

本市の初夏の名物、ゲンジボタルの乱舞が、今年も市内各所で始まった。
郷ノ浦町平人触の清水橋周辺では19日午後8時過ぎ、早くもピークを思わせる数千匹のホタルが川沿いを飛び交い、黄緑色のせん光で辺り一面が埋め尽くされる幻想的な風景を作り出した。
修学旅行の中学生も、民宿のマイクロバスに乗って見学に訪れ、絶景に歓声を上げていた。
壱岐高校理科室は恒例となったホタルマップの作成を、昨年より4日早い9日からスタートさせ、17日には第2弾を配布した。今年も市内18か所のポイントでのホタル観察数を地図にまとめている。壱岐高校受付で希望者に配布している。

関連記事

  1. 野元牧場肥育牛が最高評価。メーンの第7区肉牛群で2位。全国和牛能…
  2. オーガニックで社会課題解決へ 経営者が脱炭素の取り組み視察
  3. 壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。
  4. 子牛市でまたまた記録更新 平均65万円超え
  5. 幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。
  6. 弟宛の直筆手紙など発見 50年以上ぶりに開錠、貴重史料数十点 松…
  7. そのぎ茶を堪能。春満載ランチ開催。
  8. 一支国博物館指定管理者「乃村工藝社」が今年度で撤退。新指定管理者…

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP