© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

ハッピーヒルズで落成式 市内3か所目の特養ホーム

ハッピーヒルズ(テープカットを行った中原晋輔理事長(右から2番目)ら関係者)社会福祉法人博愛会(中原晋輔理事長)が建設した市内3か所目の特別養護老人ホーム、「ハッピーヒルズ・幸せの丘」(芦辺町箱崎大左右触)の落成式が14日、同所で行われ、神事式典とテープカットで落成を祝った。
引き続き芦辺町つばさで行われた祝賀会で中原理事長は「芦辺町で初めての特養ホームとなる。箱崎中学校グラウンドの跡地に建設されたので、入所者の中には青春を過ごした場所に戻り、気持ちに覇気が出る方がいらっしゃるかもしれない。入所者が健やかに、快適に過ごせる場所を提供していきたい」とあいさつした。
同所は全室ユニット型60床で、3月23日から入所開始。ショートステイ10床は認可を待っており、7月から利用を開始する。鉄筋コンクリート2階建てで、敷地面積約7千平方㍍、延べ床面積約4千平方㍍。総工費は約8億5600万円で、このうち2千万円が県の補助金。職員数は55人。
昨年11月時点で市内には201人の入所待機者がいたため、申し込みが殺到しすでに予約は満杯。待機者が60人もいる状況となっている。
山元恵太生活指導員は「すべて個室なのがやはり最大の特徴。1ユニット10床ごとに責任者を置く完全ユニットケアというシステムで、その人の生活様式に合わせた介助ができるので、入所者の安心感が高い」と将来は自分が入りたくなるような施設にしていく気持ちを語った。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20199/20

本市出身山川さんらが指導。ブラインドサッカー教室

壱岐サッカー協会は15日、筒城ふれあい体育館で「心をつなぐスポーツのチカラ~ブラインドサッカーから学ぶコミュニケーション~」を開催。壱岐少年…

20199/20

子ども議会復活を望む。

毎年、中学校の夏休みの最後に行われていた「子ども議会」が、今年は開催されないことになった。 子ども議会は、市内4中学校の代表者各4人、…

20199/20

郷ノ浦港に立体駐車場計画、白川市長が明言。市議会一般質問

市は、壱岐の玄関口である郷ノ浦港の再整備に本格的に取り組む考えを示した。11日の市議会定例会9月会議一般質問初日に、赤木貴尚議員の質問に答え…

20199/13

4種目で大会新記録。ナイター陸上競技大会

第41回ナイター陸上競技大会(壱岐陸上競技協会主催)が7日、大谷グラウンドで開かれ、5競技27種目に延べ約9百人が出場。4種目で大会新、1種…

20199/13

切っても切れない日韓関係。

日韓の政治的対立が、様々な問題を引き起こしている。目に見える問題としては対馬市の観光客数減少が挙げられる。同市は4日、8月に対馬を訪れた韓国…

ページ上部へ戻る