社説

壱岐の伝説を作ったB’zライブ

syasetsu「心は伝わる」ことを肌で感じた。B’zコンサートが13日、無事に終了した。これだけの超大物アーティストが来島してのコンサート開催は、壱岐の歴史上、初めてとも言える出来事だった。
それはそうだろう。市内最大のホールが観客収容最大1025席の壱岐文化ホール。今回は全席S席で8800円。満席で9百万円ほどの売上にしかならない。来場者が少なければグッズやCD販売額も少ない。それでも出演者・スタッフ約百人とツアーバス4台などが来島し、2泊滞在した。その経費を考えれば、コンサートは成功でも数千万円規模の大赤字という計算になる。天候不良によるフェリー欠航のリスクも背負っていた。大物であればあるほど、離島でのコンサートは難しいことなのだ。
それでもB’zの2人は、自らの意思で壱岐を選んで、訪れてくれた。市民にとって、これほど嬉しいことはない。その感謝の気持ちが「B’zライブ歓迎委員会」の立ち上げにつながった。1面の記事だけではとても紹介し切れないほど、多くの人が“おもてなし”に参加した。
トラブルもあった。直前になって大手旅行会社から宿泊の大量キャンセルがあった。怒り心頭な事態だったろうが、宿泊施設の代表は「満室で多くのお客様をお断りしてしまった。どこにも泊まれないで野宿をして、体調を崩した人、嫌な気持ちになった人はいなかっただろうか」とまず来島者を心配した。別の施設では直前でもキャンセル料を取らなかった。「またいつか来ていただければ」と話した。壱岐ならではのエピソードだった。
“おもてなし”が大成功だったことは、開演前の文化ホール周辺での取材でよく判った。来島したみんなが笑顔、笑顔、笑顔で、フードコーナーで壱岐牛やカキの炭火焼、壱岐焼酎の無料試飲を楽しみ「壱岐、サイコー!!」とコメントした。B’z2人のMCでの言葉を待つまでもなく、歓迎委スタッフの労は報われた瞬間だった。みんなの心が通い合った、EPICな壱岐の3日間だった。

関連記事

  1. 去勢・避妊手術助成復活を。
  2. 論議が必要な小学校統廃合。
  3. 「しまとく通貨」で再来島の仕掛けを。
  4. 社説・壱岐全体を考えた「地元愛」を
  5. 社説・心ないヤジは止めて欲しい
  6. 壱岐にスマートシティを
  7. 団体を超えた情報発信の必要性。
  8. 社説・エイドステーションに充電設備を

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP