地域情報

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月18日まで。

同センター所蔵の江戸時代の出土品を中心に約230点を展示。ガラス製のかんざし(岩原目付屋敷跡)や化粧道具に使われた紅皿と紅猪口(万才町遺跡)など、当時の女性を彩った道具を展示している。

また、出島和蘭商館跡から見つかったクレーパイプやヨーロッパへの輸出用に作られた瑠璃釉蓋付鉢や瑠璃釉鳥形合子(栄町遺跡)は、海外の需要を意識した色鮮やかな製品となっている。

そのほか、昨年度から調査されている早岐瀬戸遺跡(佐世保市早岐)の出土物の展示も初公開されている。

同センターの担当者は「江戸時代は現代のくらしへと繋がる生活様式が育まれた時代で、道具や貿易の雛地名は現代の感覚から見ても魅力的に感じるものが多い。文化財を身近に感じてもらえれば」としている。

関連記事

  1. 建設候補地は明言せず 庁舎建設検討委員会
  2. 「警察から前副市長らに措置ない」、不正入札疑惑に白川市長が言及。…
  3. 広瀬組を表彰 振興局優秀工事
  4. 5~7月燃油調整金加算へ。高速船博多往復360円増。燃油価格高騰…
  5. 児童が一般質問 盈科小模擬議会
  6. 廃プラのリサイクル考える Bコープ取得の㈱コレル
  7. 親子で月見だんご 原の辻ガイダンス
  8. 壱岐空港開港50周年 イベントに650人参加

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP